国内企業の約4割で「上司がクラウドを理解しておらず困っている」。ガートナーによる2021年のクラウドに関する調査 - Publickey

22コメント 2021-06-15 01:23 Publickey

調査会社のガートナージャパンは、日本企業におけるクラウド・コンピューティングに関する2021年の調査結果を発表しました。 クラウドの利用が当たり前の時代へ、課題はマネジメント層の理解。#ガートナー は...

ツイッターのコメント(22)

国内企業の約4割で「上司がクラウドを理解しておらず困っている」。

心から共感する。事業形態問わず、システム屋で一定レベルの会話ができないじじいは早期退職してほしい。若手はいいと思う。これから学べる時間も体力もあるから。
確かに、同窓会なんかで会話していても、業種その他で世の中の見方が全く異なることに驚かされることが少なくない。

そこに更に世代間断絶という要素が絡むと、現役世代間でももう全く会話が噛み合わないんだろうな。
上司の理解が得られないと動けない組織または個人それ自体は終わっている。
また話盛ってーとか思ったら本当に4割困ってるって書いてあってびっくりしてしまった
上司を交換せねば
そろそろ経営陣のITリテラシーも開示事項にした方がいい季節かもねw
あたたたたたたたたぁっ!
…オマエはもう…中学…生…٩( ᐛ )و
悲しいなあ >38.6%が、上司がクラウドを理解しておらず、説明に時間がかかるなどで困っていると回答
全国の上司のみなさん、イノベーションのブロッカー・オーバーヘッドにならないように、お勉強しましょう。
 
PR
PR