TOP > IT・テクノロジー > 1200人以上の全社員がリモートワーク。GitLabが公開する「リモートワークマニフェスト」は何を教えているか? - Publickey

1200人以上の全社員がリモートワーク。GitLabが公開する「リモートワークマニフェスト」は何を教えているか? - Publickey

51コメント 2020-02-28 00:13 | Publickeyキャッシュ

新型コロナウイルスの影響などでいま、多くの企業がリモートワークの導入を進めており、それによって多くのビジネスマンもリモートワークへの興味を高めているところでしょう。リモートワークは従来の働き方とどう違うのか、リモートワークにおいて組織として......

ツイッターのコメント(51)

1200人以上の全社員がリモートワーク。そして,社員全員がリモートワークで、今年11月には株式公開を予定
再掲 /
巷ではオフィス解約して、フルリモートに舵を切った会社がいたりするけど、リモートワークを前提としたカルチャーや人事制度の仕組の構築は必要だから、先駆者の取り組みは参考にしたい…
GitLabのリモートワークガイドにて以下の記述。

"Do not replicate the in-office/colocated experience, remotely"

ここでもリモートワークが単なる代替的な手段でないことが言われている。
私の会社も全員がリモートワーク。
全国の食器好きな人達が関われる規模になるよう成長中🐥

GitLabが公開するリモートワークマニフェスト
▶︎労働時間を決める<柔軟な労働時間
▶︎労働時間<仕事の成果
▶︎口頭で説明<書面にして知識を記録
▶︎OJT <やり方を書面に
@koba0813 そうなんですね〜
さいきんリモートワークが急激に増えてきたので結構いろんなナレッジが公開されてきますよね
うちは GitLab から学びたいなとおもってます
3) 口頭で説明するよりも、書面にして知識を記録、5)知る必要があるときだけ教えるよりも、情報公開を、
よい(まだ全部は読めてない)

自社を「世界最大のオールリモートカンパニー」と説明。リモートワークのための方法論やカルチャーを全社的に展開し、同時にそれを公開しています。
すごい。社風はすごい好き。自分に甘い俺が完全リモートで頑張れるかは不明
え、あれキツネじゃなかったの
すごい。素晴らしい!/
こことか参考になりそうだけど,,,
2017年大規模障害を起こしたときもすべての対応はリモートワークで行われ

日本でもこのレベルでリモートワークが出来るようにしたいですね!

1200人以上の全社員がリモートワーク。GitLabが公開する「リモートワークマニフェスト」は何を教えているか? - Publickey
読み始めて1秒後の感想
「あれタヌキだったんだ!?」
こういう会社憧れる
面白い。こういう会社がもっと増えたらいいなあ /
リモートワークとか関係なくやってほしいところです
明文化出来る文化なのです。『社史、業務の進め方、評価と給料の決め方、部門毎の仕事の進め方など、社員として必要な知識がほぼすべて網羅』 /
オフィスの再現を求めるな!
確かにそうだと思います。

リモートワークを成立させるには、
リモートワーク独自の考え方や手法を追求していく必要があります。
めもめも。
あとでよむ /
(*´ω`*) タヌキ……。
全社員リモートワーク。GitLabが公開する「マニフェスト」


1)世界中で採用して世界中で働く
2)柔軟な労働時間
3)口頭説明より、書面に記録
4)OJTよりマニュアル化
5)情報公開
6)誰でも編集可
7)非同期的コミュニケーション
8)時間より成果
9)非公式より公式チャネル
「良き人生をおくるために労働時間ではなく結果を重視。世界中どこでも働くことができて、業務は基本的に非同期で行われ」
これ5000億回ぐらい言いたい 3)口頭で説明するよりも、書面にして知識を記録、 7)同期的なコミュニケーションよりも、非同期的なコミュニケーションを:GitLabが公開する「リモートワークマニフェスト」は何を教えているか? - Publickey
こんな時にこそ
GitLab11月に株式公開予定だったのか👀
リモートワークの心得

口頭でなく書面に残す、情報公開する、コミュニケーションはオープンにする(closedにしない)。
マネージャーがやるべき仕事だな。やろう。
もはやこれがスタンダードになるんだろうなぁ。
その場合に現在の日本の法制度やルールは役に立たない。

現状の法制下で対面を求められる職業も変えていかざるを得ないだろう。
最後に何が残るのかなぁ。絶対に対面でな...
あのアイコンがタヌキだったことが一番の驚きだよ
Githubは1200人全員がリモートワークなんですね。
gitlab自体はとても好きなんだけど「だから、私達はこういう人材を採用しています」までセットで考えずに真似して不幸を生むやつな気もするよね。

「(一部の)プロセスだけ真似すれば同じことが出来る」っていう思考になる人は意外と多いので気をつけよう。
あとでしっかり読む
全タヌキリモートワークとは、たまげたなあ
どれもとてもいいと思うけど、わかってない世代の人などには一生伝わらなさそうな気も最近している|
GitLabのリモートワークマニュフェスト、役に立つ。

1)本社よりも、世界中で採用して世界中で働く
2)労働時間を決めるよりも、柔軟な労働時間を
3)口頭で説明するよりも、書面にして知識を記録
4)オンザジョブトレーニ...
“知る必要があるときだけ教えるよりも、情報公開を”

リモートワークが普及しない要因はこれなんだと思う。リモートで作業するからこそ、すべての情報をオープンにして誰でもアクセス出来る必要がある。自分が今日なにをしたかを日報とかで共有するだけで仕事を可視化出来る。
すごい
来週からしばらく在宅勤務なので、これをよーく読んでおく(なんで?
あーすごいわ。
真似る事が難しいレベル
仕事に対する評価がバカなままだからこの文化を変えない限りこういうレベルは一般化しないだろうなぁと
おっ、解説記事が出てる
リモートは組織文化に近い。多種多様で重層的。

「業務は基本的に非同期で行われ」

/
「1)本社よりも、世界中で採用して世界中で働く
2)労働時間を決めるよりも、柔軟な労働時間を
3)口頭で説明するよりも、書面にして知識を記録
4)オンザジョブトレーニング(OJT)よりも、やり方を書面に
5)知る必要があるときだけ教えるよりも、情報公開を…」|
GitLabはリモートワークできる環境構築、働き方、必要な知識をまとめたドキュメントだったり、
企業のカルチャー、社史、評価と給与の決め方とか社員用マニュアルとかを全て公開してるらしい。面白い
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR