TOP > IT・テクノロジー > 「VMware Tanzu」(箪笥、たんす)発表。Kubernetes対応ソフトウェアの開発支援ツールおよびサービス群。VMworld 2019 US - Publickey

「VMware Tanzu」(箪笥、たんす)発表。Kubernetes対応ソフトウェアの開発支援ツールおよびサービス群。VMworld 2019 US - Publickey

15コメント 登録日時:2019-08-27 13:55 | Publickeyキャッシュ

VMwareは、企業がKuberntesに対応したソフトウェアの開発を支援するための一連のソフトウェアやサービスなどを含む「VMware Tanzu」を、サンフランシスコで開催中のイベント「VMworld 2019 US」で発表しました。 ......

Twitterのコメント(15)

タンス???
ジャパニーズコンテナ、でタンスなのか…
「Adobe Sensei」に続く日本語謎チョイスシリーズ感。
サービス名に日本語のローマ字表記を採用してるの個人的に好きなんだけど、まさかVMwareがやるとは
うまいこと考えるね

"Tanzuは、スワヒリ語で枝、つまり新しいイノベーションの分岐。あるいは日本語では持ち運ぶためのコンテナを指す"
盛り上がりを見せる箪笥。
えっ、箪笥????
こういう名付けってどんなプロセスでやってるのかな・・・?
日本人でも、ITサービスの製品名を箪笥にしようとは思わんでしょw
コンテナ=箪笥と>
たんずは、日本語でコンテナという意味らしいです。
なんで箪笥だったんすか? と思ったけどスワヒリ語のtanzuがまず先にあってそれとtansuが似てるからってことか / “ - Publickey”
タンスにポータブルなイメージが無い件
箪笥を持ち運ぶの大川栄策だけでは??

「Tanzuは、スワヒリ語で枝、つまり新しいイノベーションの分岐。あるいは日本語では持ち運ぶためのコンテナを指す」
Tanzu」(箪笥、たんす)発表。Kubernetes対応ソフトウェアの開発支援ツールおよびサービス群。 Publickey
箪笥は可搬性ないだろ!!! / “ - Publickey”
以上

記事本文: 「VMware Tanzu」(箪笥、たんす)発表。Kubernetes対応ソフトウェアの開発支援ツールおよびサービス群。VMworld 2019 US - Publickey

関連記事