TOP > IT・テクノロジー > Javaフレームワーク「Quarkus」登場。Javaコードからネイティブバイナリを生成し瞬時にJavaアプリが起動、コンテナへの最適化を実現。Red Hatがリリース - Publickey

Javaフレームワーク「Quarkus」登場。Javaコードからネイティブバイナリを生成し瞬時にJavaアプリが起動、コンテナへの最適化を実現。Red Hatがリリース - Publickey

109コメント 登録日時:2019-03-12 02:29 | Publickeyキャッシュ

Red Hatは、Kubernetesなどのコンテナ環境に最適化されたJavaアプリケーションを実現するフレームワーク「Quarkus」を発表しました。 Red HatはQuarkusの目的を、Kubernetesやサーバレス環境におい......

Twitterのコメント(109)

quarkusめちゃくちゃいいな。
コンテナ環境に最適化したJavaフレームワーク。
Javaアプリからネイティブバイナリを生成。
バイナリにはJVMを含んでるのでデプロイ先にJVMを入れる必要がない。
高速起動・省リソース。
そしてリアクティブプログラミングにも対応!
凄そう。でも読み方がわからない。誰か教えてほしい。
スゴすぎてわけわかめ。
マイクロサービスアーキテクチャ向けにJavaが新しく出したのね


明日あたりに触ってみようかな!
Graal自体はいろんな言語触った人からすると楽しい仕上がりになっている。ただしContextでグローバルランタイム引き回すという動き、過去のJava系フレームワークで何度もインシデント招いてる元凶なので、使うならどの程度保護する手段があるかは調べないといけない...
Javaフレームワーク「Quarkus」登場。
ナニコレ。使ってみたい。
GraalVMは強そう。本番利用してる事例とかはあるのかな?
Write once, run anywhere.という言葉を信じていたあの頃を僕たちはまだ忘れていない(忘れた)>
きになるきになる
“コンテナやKubernetes環境に最適化された実行形式を実現できる” /
バイトコードをGraalVMでネイティブ形式にコンパイル /
Day 62

◼️今日の気になる記事



◼️Done
・vue.js コンポーネント
・リーダブルコード 3章
これは言語の課題克服に貢献している感じで良いもの
Java新しいフレームワーク出たんか
ちょっと使ってみたい
Dockerはコンテナレベルでしか触ったことないのでKubernetesも触ってみなければ
Quarkus、JavaをGraalVMでネイティブ化してからコンテナと組み合わせるというのは面白いなこれ。hhvmの時は環境が限定されて大変だった印象があるんだけど、これはネイティブ化による面倒な周辺環境をコンテナでラップして封じ込めサービス化すると言う発想だろうか?
良いねー。microprofile対応なら最強だが =>
バイナリ吐くのつよいな
Javaの新しいフレームワークか
buildpackになれば幸せ
あとで読む
これは良さげ。Goに行くのもアレだしRustもなぁ、でも時代はコンテナだよなって金融系でもユースケースが出てくるかな? / Hatがリ…”
え、これつよつよでは
ふむ。Javaに新しいフレームワーク登場とな。
あとでよむ//
インペラティブって呼び方があるのか、知らなかった。
起動が爆速なのはヤバいな。すぐ使おうって感じじゃないけど気に留めておこう
なにこれ、面白そう。
JVMという概念をJavaからなくせるのは色々ツッコミが捗るw
大昔、PHP を 上で実行できる似たような名前の Quercus ってのがあったなあというのを思い出した「Javaフレームワーク「Quarkus」登場。Javaコードからネイティブバイナリを生成し瞬時にJavaアプリが起動、コンテナへの最適化を実現。Red Hatがリリース - Publickey
興味を持った記事:
みてれぅ:
ほほぅ。。。 /
同僚とランチを食べながらAuto Scaling設定してても起動時間が長くて云々という話をしていたら、ちょうどタイムリーな記事があった(弊社はGoなので直接恩恵ないけど)
ほー、ここにきて色々Javaのソリューションがきましたなあ(知らんけど)
このフレームワーク、Pivotalが出しているスタックへのRed Hatからのカウンターやね。/
きになる
すごく興味があるがGraalVMなのでOracleリスクが気になる。Red HatがOpenJDKみたいにある程度の面倒を見てくれるのだろつか / Hatが…”
フレームワークではなくコンパイラって話?
これはまた楽しみになものができましたね!
なんかすごそう(小並感
なぜか人気あるはずのJavaはまったく手付かずの状態だからそろそろやっとかなきゃなあ : -
ふむふむふむ/
ちょっと前に Twitter で見たこれ、Red Hat やったんや
Java でネイティブ コードってもはや分からんな笑
こういう時代に合わせて の弱点を補うような開発が行われ続けてきたから、今もずっと Java は第一線の言語であり続けているんだなという気がする。 / “Javaフレームワーク「Quarkus」登場。Javaコードからネイティブバイナリを生成し瞬時にJavaアプリが起動、コンテナ…”
VM立ち上がるの遅いしこれはいいかも Kotlinもできるかな
"プログラミングモデルの面で分散環境に対する柔軟性を持たせ、実行環境においては瞬時に起動しメモリ利用量もスリムにするもので、注目に値するフレームワーク" "簡単なデモアプリケーションが0.008秒で起動" / “Javaフレームワーク「Quarkus」登場。Javaコードからネイテ…”
きになてり
ちょっとこれそそられるけど、gRPCのGo&JavaScriptの組み合わせが開発効率性と性能的に最高過ぎて他使う気が今は起きない
これは良さげに見える。試してみないとな。/
Java始めるか・・・・
興味あり!
kotlinでも使えるかしら🤔
起動時間が一瞬になるような話なので、それなりに有望技術かもしれないね、よう知らんけど
Getting Startedをちらっと触ってみたけど、本当にネイティブバイナリ出てきた。Dockerにもすぐ使える。
読み方"クオークス"でいいのかな??起動早いのいいね〜
ネイティブバイナリーのメリットって、起動時間だけなの?
これは面白そう。
また学ぶ楽しみが見つかってしまった。JavaだとSpring boot以来の衝撃かも
そっか、コンテナ環境では起動が遅いのが致命的というか欠点があったのね。 /
これでJAVAをコンパイルするとバイナリが出てくるとのことw
ネイティブへのコンパイルはGraalVMか。 /
今更Javaかよっていう人もいるだろうがこれ良いと思うんだよな
“Quarkusのフレームワークを用いて開発されたアプリケーションをコンパイルして生成されたファイルを基に、GraalVM内のコンパイラを用いて実行可能なネイティブバイナリを生成、コンテナ形式にパッケージするという機能 / “Javaフレームワーク「Quarkus」登場。Javaコード…”
こういうのがあるとJavaへのREDHATの姿勢に対する信頼感につながりますね。
ここ最近のJavaはSpring一択な雰囲気だったのについに新たなフレームワークきたで🤢
--
確かGraalVMのネイティブコンパイルはClassLoaderの存在を前提とした実装、つまるところリフレクションを使ったDI(フレームワーク)はサポートしていなかったはずですが、進化したのでしょうか。>
ネイティブバイナリを生成するJavaコンパイラは昔からあるけど、互換性とか結構シビアだったので気になる。
もうJavaで書かなくて良くない?
ネイティブバイナリの先、コンテナイメージまで作成することで VMの起動時間を削減するらしい / “Javaフレームワーク「Quarkus」登場。Javaコードからネイティブバイナリを生成し瞬時にJavaアプリが起動、コンテナへの最適化を実現。Red Hatがリリース - Publickey”
いきなりprodでは用いないだろうけども、気になるニュース。
この手のはうまく動かいてる分にはいいけど、なんか変なときに分析できるやつがいなくなる気がする。そんな濃い人はたくさん増えない。
こんな情報を見つけたよ
ネイティブバイナリを生成するって、.soとか.aを生成するってこと?
すごく良い取り組みだ /
クールっぽいぞ。
これやっぱKotlinで書けるんかな
Javaがネイティブバイナリに(´・
Javaに傾くかな。。。
Goやばいやん
Javaフレームワーク「Quarkus」登場。Javaコードからネイティブバイナリを生成し瞬時にJavaアプリが起動、コ… - はてなブックマーク - 人気エントリー
"Javaコードからネイティブバイナリを生成し瞬時にJavaアプリが起動" よくわからないのですが、つまりAOTなんですか? / Hatがリリ…”
既存のライブラリが動く (が、既存のライブラリを使った既存コードがそのまま動くとは限らない) という特性が混乱を引き起こしそうな気がする。「既存の優れたJavaライブラリに対応するフルスタックのフレームワークだと説明されています」
JavaVMの起動が不要になるなら、確かにJavaのコンテナ利用が捗る。ただ、GraalVMをコンパイルに使用するなら、それがOSSであるとはいえ、Oracle離れはできない。 / “Javaフレームワーク「Quarkus」登場。Javaコードからネイティブバイナリを生成し瞬時にJavaアプリが起動、…”
見てる:
これすごくいいんじゃない
JavaでRectiveってどう表現するんだろう…
今週仕事休めたら触ってみたい
面白い。ただプログラマ視点ではkotlinのネイティブの方が楽しそうと思ってしまった。
"GraalVM内のコンパイラを用いて実行可能なネイティブバイナリを生成、コンテナ形式にパッケージする"
読み方「クオークス」かな?「クアークス」って読みそう
Javaの中間言語⇒ネイティブバイナリに変換。 /
よさそ
こっちは逆でインフラの都合でバックエンドのアプリケーションの設計を変える例。
もはや何が正解なのか分からなくなってきた。。

JavaVMの起動時間のオーバーヘッドを減らしてコンテナ向きなのか
JITコンパイラのような仕組みは働くのだろうか。働かないだろうなぁ。
めっちゃ気になる、時間作って触りたい
いいね、こういうの流行りかな。 :
フレームワークとネイティブバイナリ生成は別々にしたほうが使い勝手良さそうだけど、なにか必然性があるのかな?
以上

記事本文: Javaフレームワーク「Quarkus」登場。Javaコードからネイティブバイナリを生成し瞬時にJavaアプリが起動、コンテナへの最適化を実現。Red Hatがリリース - Publickey

関連記事