TOP > IT・テクノロジー > Google開発主導のビルドツール「Bazel」がバージョン1.0に到達、次期Angluarでも正式採用へ - Publickey

Google開発主導のビルドツール「Bazel」がバージョン1.0に到達、次期Angluarでも正式採用へ - Publickey

33コメント 登録日時:2019-10-16 01:10 | Publickeyキャッシュ

Googleが中心となってオープンソースで開発されているビルドツール「Bazel」がバージョン1.0となりました。 BazelはKubernetesやHadoopのように、もともとGoogle社内で使われていたソフトウェアがオープンソー......

Twitterのコメント(33)

出始めから気になってたけど、どういう開発環境でも使えるなら使ってみたい。
Multi Language Build Toolみたいなものか
Bazel知らなかった
Bazel既に1.0になっているのか
Angularってなんかワクワクする
bazelがangular 9から正式採用という話はない気がする
どこのレイヤーにあたるビルドツールなんだろ?
Java、C++、Goなど多言語対応、マルチプラットフォーム
とりあえず触ってみるか
たまーに見かけますよね
ちょっと試してみよう
え、マジで。:
Bezel…知らない子ですね(意訳:自分が触るOpen Source SoftwareはmakeとかCMakeが多いんだよなぁ…)
Makefile で go build してるけど proto とか Dockerイメージも一緒にビルドしたいとかだと、こっちのがええんやろか
凄い。今度使おう。
これが来るんかなあ
ようわからんなあ
まーたなんか出してんな
近々Angularなお仕事が始まりそうなので要チェック
Androidのビルドツールそのうち変わる???
ん?HadoopはYahooじゃなかったっけ?
あれがOSS化したのか、なるほど /
時間できたら減少して導入したいんだよなー
そいやj2cl使うのに必要なのがbazelだっけ…?何かが難しくて当時挫折した記憶が。
cmakeでビルドツールは打ち止めかなと思ってたけどこれがまた流行るのかな。
めっちゃどうでもいいんだけど、対応言語のところにAndroid, iOSが入っていて、その下に対応プラットフォームが列挙されているところが気になる。
Bazelってまだバージョン1になってなかったのか..... /
以上

記事本文: Google開発主導のビルドツール「Bazel」がバージョン1.0に到達、次期Angluarでも正式採用へ - Publickey

関連記事