TOP > IT・テクノロジー > GitHubがイランなどからアクセス不可に、米国の経済制裁により。CEOのフリードマン氏「望んでやっているのではない」 - Publickey

GitHubがイランなどからアクセス不可に、米国の経済制裁により。CEOのフリードマン氏「望んでやっているのではない」 - Publickey

56コメント 登録日時:2019-07-30 01:26 | Publickeyキャッシュ

米国は、2015年に欧米とイランが結んだ「イラン核合意」から2018年5月に離脱し、イラン産原油の輸入禁止をはじめとした経済制裁を強めています。 その経済制裁は当然、米国企業の活動にも影響を及ぼしています。 7月26日(米国時間)、GitH......

Twitterのコメント(56)

adobeの話で思い出しましたが、GitHubも以前イラン等から利用できなくなった話があって、エンジニア界隈で盛り上がったなと…
GitHubのトレンドにあったリポジトリこれについてか!
国際関係がGitHubに影響するとは。。
これやられると、たしかにツラいな…。
こういうのはほんと難しい問題だ
こういうプラットフォームは国からの制約を受けない場所にいてほしい
でも、その規制と引き換えに保護があるし難しいところ
見てるにゃ:
エンジニアにとってほぼインフラに近いし大変だな。良い方向へ向かいますように。。。 / »
なんてことだ、、、世界中どこへ行ってもネットに繋がりさえすれば仕事できるって思ってたけど、それは過去のものになってしまうのか、、、 //
こういうことのほうが痛い。
これは制裁としてはかなりえげつないな…。:
ふむ…
-
こういう事態になるのね…
GitHubではオープンソースの理念は守れないかもしれない…
“github-do-not-ban-us”このリポジトリの理由まったくわからなかったけどこれが原因なのかー。githubだけで管理してたら死活問題よな /
ヒェッ…

> これによりイランのITエンジニアは突然、GitHubを利用することができなくなりました。
ネットのインフラになってるような企業は国家独立するのが良いな
永世中立ネット国として

Reading👀:
やはり、OSSじゃない限りローカルでGitLabでリポジトリ管理するのが良い。
アメリカ企業のサービスがリスクになってきそうな話
MSに買収されてなかったらもう少し抗ってたのかな -
いきなりgit使えなくなったら余裕で死ねるわ・・・
これバイパスする術をイランに提供したら提供した人もテロ支援になんのかね。
「公開リポジトリについてはどの国の開発者であっても利用可能です ー オープンソースリポジトリも影響を受けません。」—
すごくたいとる詐欺だったけど public なのは引き続き使えるなら private なのもろーかるにりぽじとり残ってるはずだしそっちを移行すればまだなんとかかなぁ?(・x【みかん
ええ…想像しただけで吐きそう
お、日本語まとめだ
NowBrowsing:
他のアジアの国も別な理由でアクセス不可能になっていきそう /
『イラン、シリア、およびクリミアに対して、プライベートリポジトリおよび有料アカウントに新たな制限を課さざるを得ませんでした。』
国の方針に巻き込まれる企業方針 /
事前の通告もなしにプライベートリポジトリにアクセスできなくするとか、幾ら何でもやり方がひどすぎない?(退避する暇もないじゃん・・・
日本語でわかりやすい記事がでていますね。

GitHubはオープンを大切にする文化だと思っていたのですが、実際はそうではなかったと(米国の通商法に縛られるのが現実)。

GitHubがイランなどからアクセス不可に、米国の経済制裁により。 -



えええ...😭
アクセス不可というよりは,操作の制限? >
Nuxt.jsとLebabとbootstrap-vueもそうなの?!
こりゃ大変だぁ…
突然日本からはアクセス不可になりましたも0とは言えないわけだから他人事ではないよな〜
リポジトリのコードを落とせるだけでも解放してあげないと、それらの国のエンジニアがめちゃ困るじゃないか。期間限定で良いからリポジトリから落とせるようにしてあげてくれよ。。。 / “GitHubがイランなどからアクセス不可に、米国の経済制裁により。CEOのフリードマン氏…”
次の戦争はこういうのが怖いな。
こういうケースがあり得ることからも、GitHubに依存しすぎてるパッケージマネージャは変えていかないとダメだな… /
時代が時代だけに、こういうのがそこかしこで起こってくるんだろうな今後 /
対象はprivateだけという限定的な範囲であっても、米国が大統領令の範囲で行えるカードの一つとして明確になったのは確かだと思う。
/
クラウドにあるサービスってどうしても政治情勢に左右されてしまうな
GitHub側が制限していると。こういうリスクはあるということか /
パブリックリポジトリやオープンソースプロジェクトは法律の制約を受けないって点が興味ぶかあい
どういう理屈でパブリックリポジトリがOKになるんだろう
世界の分断だなあ…。 /
"米国で事業を行っている他社と同様に、GitHubは米国の通商法下にあるのです。" /
ナルホド。オープンソースに支えられてきたgithubが何やってんのと思っていたが、こういう事情か。

こういうときtwitterで本音を言っちゃえるのは、人類の進歩だなあと思う。
ネットの発達が悪いことばかり生み出しているはずがないよね
クラウドもう安全ではない?
“プライベートリポジトリおよび有料アカウントに”
/
アクセスできないのはプライベートリポジトリやプライベートgist。経済活動といえばそうなのだろうけど、どれだけ効果があるのか。トランプらしい建前のガチガチ規制。 / “GitHubがイランなどからアクセス不可に、米国の経済制裁により。CEOのフリードマン氏「望んでやって…”
日本がアメリカに嫌われたらこういうのが起こる可能性があるってこと?
もしGAFAが規制されたら沈むぞ、日本
日本もサイトブロッキングが法制化されればいずれこうなる。コードも著作物なのだから。
この前のアクセス不可もその準備だったのかな。対象国に自前ホスティングたてられるだけで意味ない気はするが /
-
ソフトウェアが現代技術と富の源泉たる以上、経済制裁下においては妥当なんだろうな。理念的な話とかは色々とあるだろうけども。
最近インターネットに対する国家による規制を目にすることが目立って増えてきた気がする。
アメリカの対外姿勢が変わったのと、アメリカ企業による独占に対する反発とが本格化してきたからだし、一昔前の車産業などでの駆け引きからITと周辺産業に主戦場が移ってきたからか
まさにインターノットの敗北
以上

記事本文: GitHubがイランなどからアクセス不可に、米国の経済制裁により。CEOのフリードマン氏「望んでやっているのではない」 - Publickey

関連記事