TOP > IT・テクノロジー > 「AWS Toolkit for Visual Studio Code」正式版がリリース。AWS Lmabdaのステップ実行、ローカルデバッグなど可能に - Publickey

「AWS Toolkit for Visual Studio Code」正式版がリリース。AWS Lmabdaのステップ実行、ローカルデバッグなど可能に - Publickey

70コメント 2019-07-16 03:50 | Publickeyキャッシュ

AWSはオープンソースとして開発されているコードエディタVisual Studio Codeの拡張機能として、これまでプレビュー公開されていた「AWS Toolkit for Visual Studio Code」が正式版になったことを発表......

ツイッターのコメント(70)

Lambdaのデバッグ、APIgatewayのテスト実行から地道にログを追ってたけど、VScodeでデバッグ出来るんやん😐
明日試してみよ。
マジですか!クソ重eclipse起動しなくて良いのですか!
こんなのあったのね、lambdaのローカルデバッグは便利だな…
お。。 VSCodeにけっこう日常使い用途が吸収されていくな。
見てる:
忘れないうちに入れた
僕のVSCodeがどんどん強くなる
これは他社の優良製品に対抗するのは辞めて、うまく乗っかるのが正しい戦略になりつつありますね。
触ってないんで何とも言えないんですけど、
これオフラインじゃ動かないっぽいですよね?
オフラインならすごいですが。
ローカルデバッグはnodeのみの対応なのかな?
最近はIntelliJばっかり使っているなぁ
- - -
これはアツい!!
vscodeが無限に進化し続けていてやばい
lambda開発しづらいから良さげ。
使ってみるか...。 「 Lmabdaのステップ実行、ローカルデバッグなど可能に」
触らないけど触りたい
lambdaのタイポ
なにこれすごい
この記事朝みて忘れてた。サイコーか☺️☺️
これは入れるべき。
あとで試してみよ /
いいじゃない。/
Docker使ってローカルでLambdaステップ実行が可能とな。

DynamoDBやSQSなんかも全部載せでお願いしたい!
便利そう〜 自分の書いた文章がどんどんレガシーになっていく・・・😨 /
WSL上でうまくいかぬ。。ツライ
jetbrainsもやってくれ〜 /
こりゃすげー。
まぁそういう仕組みやよね。

> AWS Command Line Interface(AWS CLI)やDockerなどを組み合わせることで、サーバレスコンピューティング環境であるAWS Lambdaのローカル環境でのステップ実行やブレークポイントの設定などのデバッグ操作などが可能になります。
AWS-CDK作っているのはこういうことか
待ってました感がある
めちゃくちゃ開発捗るやん、これは神
もうVSCodeだけで良い気がする!
なるほど。AWS SAM CLIとDockerのインストールも同時にやっっちゃうのか。良さ
うおーーーー
Codeがハチャメチャに強くなっていきますね……

「AWS Toolkit for Visual Studio Code」正式版がリリース。AWS Lmabdaのステップ実行、ローカルデバッグなど可能に - Publickey
おぉ、期待しないぞ〜
Lambdaのローカルデバッグやばい
デバイス売れんようなるわ
ローカルでのデバッグ捗りそう
これは良さそうだ!!
おーこれ良いかも。 /
何ができるのかの確認がてら今日つかってみよ /
ほほー /
お、ローカルデバッグは嬉しい
もう何ができるのかわからなくなってきたクラウド。
Cloud9との住み分けは?
ローカルでデバッグできるでかいな
え!うれしい!
後でためそう
これ、待ってたよ〜
VS Codeでlambdaのデバッグができる!
VScodeがまたつよつよになってしまった。
“拡張機能として導入”/
こ、これは⁉ -
VSCodeでAWS Lambdaのローカル実行、デバッグ、デプロイ出来るのかぁ。時間あるときにやってみたい!!
おーローカルデバッグできるようなるのか/
おおーついにきた!
いいね👏
これは便利!
以上
 

いま話題のニュース

PR