AWS Lambda互換環境をKubernetes上で実現する「Knative Lambda Runtime」オープンソースで公開 - Publickey

25コメント 登録日時:2019-01-15 02:47 | Publickeyキャッシュ

TriggerMeshは、Kubernetes上にAWS Lambda互換の実行環境を構築することで、AWS Lambdaで利用可能なファンクションをそのままKubernetes上で実行可能にする「Knative Lambda Runtim......

Twitterのコメント(25)

便利だなー
Knativeとかも勉強してみるか。
絶対難しい
Cloud Nativeですね〜〜〜〜☺️☺️☺️
KLRをクリアと読ませるのはつらいw
プロプラに固定されるのが怖いむきにはいいのかも?
lambaがクラウドロックじゃなくなる!!
素晴らしい、これでロックインも回避できる(今のとこ出る気無いけどw)
例えば、AzureでもLambda動かせるようになるってこと?
サーバレス=Lambdaくらいの印象だったけど、Knativeがここまで使われるようになってくると、今年はマルチクラウドでサーバレスの利用が始める年になるかも。/
k8s上であらゆることができるようになるという意味では、以前から言われてきたようにやはりk8sはCloudNativeでのLinuxというかOS的な存在だな〜。
FaaS的なものってマネージドなサービス使って裏側あまり気にしなくていいこと含めてな気がするので、こういうのは開発環境や実験的なことにとどめておきたいかも。 / Lambda互換環境をKubernetes上で実現する「…”
一瞬、いいかもと思ったが運用周りで地獄しか見えない / - Publickey”
互換環境をKubernetes上で実現する「Knative Lambda Runtime」オープンソースで公開 - Publickey
おー、思ったより早くこういうのが出てきた / - Publickey”
しっかり今後の動向をみなければ |
つまり、Kubernetesが動く環境であればどこでもLambda動かせるってことか!つまりGCPやAzureでもLambdaが動かせると!

これ欲しい
やってることはわかるんだけど、技術的に基盤と一体化しないと起動速度の最適化が難しいのではと>
Knativeが一番筋が良い気がする(FaaSの中で)
LambdaのソースコードがKubernetes上でも使用可能になりました!
やっとkubernetesがデファクトになったと思ったら、それを土台にして群雄割拠が相変わらず続くのか。
以上

記事本文: AWS Lambda互換環境をKubernetes上で実現する「Knative Lambda Runtime」オープンソースで公開 - Publickey

関連記事