TOP > IT・テクノロジー > プロジェクトマネジメント業務の80%は、2030年までにAIが肩代わりしてくれる。米ガートナーの予想 - Publickey

プロジェクトマネジメント業務の80%は、2030年までにAIが肩代わりしてくれる。米ガートナーの予想 - Publickey

71コメント 登録日時:2019-04-02 08:14 | Publickeyキャッシュ

米調査会社のガートナーは、2030年までにプロジェクトマネジメントの業務の80%はAIが肩代わりすることで削減される、という予想「Gartner Says 80 Percent of Today’s Project Management T......

Twitterのコメント(71)

「部品の寸法でないよ。間に合わないよ〜」
「急に客が仕様変更を〜」
「突然関税が上がったよ〜」
の調整までしてくれないかな。
“炎上プロジェクト”が死語となる日も近い。|
2030年までなんて、頑張れない…!🥺
ほ~助かりやす :
そう願いたい。
お客様「今の進捗状況は?」
AI「遅れています」
お客様「どれくらい?」
AI「1週間です」
お客様「昨日はオンスケって…」
AI「…申し訳ございません(棒」
椅子を蹴る角度をサジェスト…(やめーや)
進捗管理がPM全体の仕事の8割も占めるかしらん。
早くなってほしい。。。。 >>>
マジか

【IT】
数字部分はそうだろうけど…
コミュニケーションは無理でしょ
そんなわけないと突っ込む一方で、部下の報告を束ねるだけの通称”ホッチキス”マネジメントは、AI云々の前に早々に淘汰されるべしという警鐘とも読めます »
ああ素敵 /
ねぇ、グーグル今の進捗状況は?ってやつですかね。
» 同社は現時点でAIを用いたプロジェクト管理ソフトウェアが登場し始めていることを指摘しています。 - Publickey
進捗管理なんかより無茶な納期や仕様変更を止めたり、不足する人的リソースを集める仕事がメインなんじゃないかな、PM。

プロジェクトマネジメント業務の80%は、2030年までにAIが肩代わりしてくれる。
想定通りに進捗しない要因を解消するのがPMの気がするので80%はサバ読みすぎでは…。とは言え進捗を正しく可視化するとコストかかるし、それが自動化されるだけでも恩の字ではある / “プロジェクトマネジメント業務の80%は、2030年までにAIが肩代わりしてくれる。米ガート…”
AIが解析可能なデータをプロジェクト内で集めるのが大変だし、データで測れない不確実性に対応するのがPjMの肝だから、せいぜい20%ぐらいじゃないかな。
アレクサつよい
プロマネの定義が曖昧すぎて、進行管理かな。問題解決はやる必要あるけど、問題の発見や解決案の提示くらいまでは進むかなぁ /
抽象化すると、カスタム/パーソナルな情報整理はあと10年で自動化するということ。
AIがPMになるためにはネ申EXCELを滅ぼさねばならないが、日本を無視すれば良いだけか…… /
AIがマネジメントしてAIが作業するみたいになる感じかな。
へえそりゃ良かったじゃあとはよろしく /
コミュニケーションは必要だとおもけど、リスクとかQCDはAIが良さそう。
分析やレポーティンクは現時点でも、さほど問題はなく、いかにタイムリーに正確な数字を収集するかが課題なのよね。収集フェーズでのブレイクスルーに期待
そもプロジェクトマネジメントはプロジェクト管理じゃない。その辺わかってない偉い人がこのニュースを読み間違えてPMという役職自体を無くしてしまわないことを願う(´・ω・`) / “プロジェクトマネジメント業務の80%は、2030年までにAIが肩代わりしてくれる。米ガートナー…”
うーん

> それが進化することで2030年にはプロジェクトマネジメント業務(プログラムマネジメントおよびポートフォリオマネジメント:PPM)の主要な部分がAIによって肩代わりされるようになり、人間が行っていた業務は大幅に削減できるようになると予想しています。
フレームワーク化してるんだなー /
工程管理が人間の手から離れる方が合理的ですね
ダッシュボードの機能の進化版ってことか?
25年くらい前と比べたら、工数とかコストとか採算の計算の80%くらいはExcelが肩代わりしてくれてる気がするので、そういう仕事は減るんでしょう。もちろん人間にしかできない仕事は(残念ながら)残るのでしょうが。 / “プロジェクトマネジメント業務の80%は、2030年までにA…”
記事の内容もだがいらすとやにどんぴしゃのイラストがあるのすごいなと思った /
チャットボットはチームメンバーへのヒアリングとか他チームとの調整とかにも使われるんでしょう。あと10年あれば可能な気はする。 /
ほんとに必要なのは PMO が要求してくる非本質的な雑事をいい感じにこなしてくれる AI だったりする。 /
幻滅期の予想とは思えない楽観論だな、と呆れると同時に、まあでもプロジェクト管理の定型タスクぐらいなら自動化できるでしょ、と期待する気持ちもなくはない。『プロジェクトマネジメント業務の80%は、2030年までにAIが肩代わりしてくれる。米ガートナーの予想』
おおー。これはめっちゃいいねー。

プロジェクト管理ってぶっちゃけ
めっちゃめんどくさいんですよ

AIは適役
単にツールを活用する人がPMと呼ばれる日がくる
矛盾する仕様を求められてハングアップするAIが続出する予感 /
はやくそうなってくれ
未来、明るいやん。 /
あと10年とちょっとかぁ..
早く仕事奪って欲しい:
日本と米国で「プロジェクトマネジメント」が指す役割が違うので日本の文脈で読むと違和感があるけど、まあ少なからずありそう |
進捗状況が適切に入手できればね~
客が一切資料を出さず、用件定義すら進まないプロジェクトのPMもAIが代わってくれるんですか?! /
←これ、絶対に無理ですね。ガートナーが考えるPMの業務を教えて欲しいものです。
あと5年ぐらい早くしてくれんかな。2030年だともう結構いい年のロートルになってる。 /
進捗管理しかしないPMならそうだろうけど、じゃあ予定通りやらない人、出来ない人に対してAIは何してくれるんだろうね。 /
進捗管理してくれるならありがたい。プロマネは価値ある提案とか挑戦とか、より創造性あふれることできるようになるのかな。
マネジメント業務の80%は、2030年までにAIが肩代わりしてくれる。米ガートナーの予想 -
プロジェクトマネジメント業務の八割が人工知能が肩代わり刷る時代。これはつまり人間が人工知能の下請けになる事を指しているよな。
プロジェクトマネジメント業務の80%は、2030年までにAiが肩代わりしてくれる。米ガートナーの予想
PMの負荷は減らせても肩代わりは無理だと思う。/
本物のPMは一切代替できないと思うよ。。。/
「いや、機械にお詫びされても……」ネタかと思いきや、いまだに「いちいちプロジェクトマネージャがマウスやキーボードで進捗状況などをまとめ」てるって話なのか。 / -…”
PMってよりPMOの仕事かなーと思うんだけど、人間が管理することなんて極力減らしたほうがよいので、賛成以外の意見がない
結局、テクニカルスキル身につけなきゃならないんだよ
なんでもAIと言うのはアホ記事だと思うけど、ソフトウェアで自動家できる業務が多いのは確か。
関係各所から詰められる役をAIにやってほしかった /
はやく上司がAIになってほしい|
プロジェクトマネジメントって仕組みにそって回したり、小さな妖精さん役をやることなので、多分機械で肩代わりはできる部位は多いと思う 多分今のPM像とだいぶ違うかもしれないけれど / “プロジェクトマネジメント業務の80%は、2030年までにAIが肩代わりしてくれる。米…”
補助ツールみたいなのはそんなに待たずともたくさん出てくるだろうな。はよ使ってみたい。 /
よし。もうPMやめた。
プロジェクトマネジメント業務の80%は、2030年までにAiが肩代わりしてくれる。米ガートナーの予想
情報収集と並行して実施していた状況把握、判断の時間はプラスになるけどね。
プロジェクトマネージャーの補佐の仕事は減ると思うけどプロジェクトマネージャーの仕事は減らないはず。手段が変わるだけ。
たしかにわりと機械ができる部分ありそう
"また、チャットボットや対話AIなども活用されるだろう"
せやろな。|
理想だけど、なり得るか。日本だと更に10年遅れるかなあ。作業のマトリクス化に時間かかるはず。
“いちいちプロジェクトマネージャがマウスやキーボードで進捗状況などをまとめなくても、AIがつねに状況を分析してくれて、「いまの進捗状況は?」とたずねれば、すぐに状況を教えてくれる、ということになる”
なるほど //
まぁそうだよね。想像したくないが。

20年とかのスパンで考えると技術ポートフォリオ難しい。。。
以上

記事本文: プロジェクトマネジメント業務の80%は、2030年までにAIが肩代わりしてくれる。米ガートナーの予想 - Publickey

関連記事