TOP > IT・テクノロジー > 2023年になっても日本企業の基幹系システムの80%はオンプレミスで商用RDBを使い続ける。臨機応変なデータ分析ツールはExcelであり続ける。ガートナーの予想 - Publickey

2023年になっても日本企業の基幹系システムの80%はオンプレミスで商用RDBを使い続ける。臨機応変なデータ分析ツールはExcelであり続ける。ガートナーの予想 - Publickey

117コメント 2019-02-26 14:07 | Publickeyキャッシュ

ガートナー ジャパン株式会社 は、今後3~5年間で企業の顧客戦略に大きな影響をもたらす動向に注目した、アプリケーション領域における2019年の展望を発表しました。 発表にはいくつかの項目が含まれています。その中から3つの予測をピックアップし......

ツイッターのコメント(117)

ExcelじゃなくてGoogle Spreadsheetでも同じですよね。
最強のデータ分析ツールはExcelなので仕方ない。 /
興味深いニュースを見つけました。
特にIT業界で働いている人や目指している人は読んでみてください😄
こいつらの予測精度侮れないからなぁ。
日本くらいだと思うこの現象
手元でちょこちょこやりたい時にExcelっていうのは、企業の規模問わず、そうそう簡単には変わらないと思うけどなあ。自分には置き換え可能なアプリケーションが想像できない。
ただでさえ低い生産性と人口減少が重なってヤバそう
うーん。アジャイルは無理だろうな
Excelは万能説
極めればドラクエも再現できる
>最も利用される分析ツールはExcelであり続ける
@otiak_bh @Gana_Ship8 ᓚᘏᗢ ちょっと極論過ぎますが、経営管理系のオフィスワークや、日本を代表する様な超大型PJマネージメントの「実用的」ツールはエクセルだったりします。よく言えば柔軟性、悪く言えばITオンチ。
なんてこった、、、

2022年末まで、臨機応変なデータ分析を行う上で最も利用される分析ツールはExcelであり続ける ガートナーの予想 -
「Excelによるデータ分析」がハイプサイクルの「生産性の安定期」あたりに入っているのでしょうか・・・
tableauだとライセンスやらインストールや教育のハードルが高くexcelが使われやすいよね。/
社内SIerですがシステムUIなどで悩むと「汎用化してもらえばExcelで加工する」になる顧客。システム化工数でメンテナンス費用と改修時間が延びる負債のほうが高いから。臨機応変のExcelは最強(顧客のExcel力が必要) / “2023年になっても日本企業の基幹系システムの80%は…”
Excel最強説
言い切る自信がスゴイ。
エクセル・ホーガン氏は日本のエンジニアならもちろん知ってる有名人だよなぁ!?
(人売りで1年働いたことあるやつ感)
シアトル関係ないのに名前にシアトル入ってる表参道のやべーブラック企業にはお気をつけて…
ビッグデータとかなんだと言われて久しい2019年の今でも、まだVLOOKUPすら使えない・わからないって人がいるんだから、Tableauやその他の分析ツールの浸透だなんて夢のまた夢なんだろうか。ただExcelも今後さらに拡張するだろうし、VBAが使えれば相当なもの…なんだけどな…
臨機応変なデータ分析ツール、Excel
大学も同じだなぁ。>
ニッポンのビジネスマン諸君!騙されるな!
プログラミングもAIも窓から投げ捨てろ!
なぜなら2022年で最も利用されるデータ分析ツールはExcelだからだ!
プログラミングやAIを学ぶ暇があったら、もっとExcelを使いこなせ!

……ITって何のために存在するんだろうね。
@chiyochan81 昨日みた残念なお知らせです。
これは同意だなぁ
🤔
大企業の基幹系がオンプレで商用RDBMSで臨機応変なデータ分析にExcelで…まったく問題ないのでは…(?
情報システムを自分事にしない限りはこの状態は変わらない気がするな。
なんやかんやで、サービス型よりもオンプレ型の方が日本の商習慣には合っているんだろうな。
"「より早く」「より安く」開発できることがアジャイル型開発に期待される場合が多くなります。"
そうかも。>
俺もそう思う(-_-;)
kintoneという良いサービスがあるので試してみてね /
excel使えないけど集計させるのが大好きな管理職マンはダッシュボードや定型レポートでは満足しない印象がある。
日本はグローバルな進化についていけない

いまだにExcel方眼紙とかごめんだわ。
日本ではアジャイルは難しい、だいたいクライアントが非協力的か、知識皆無だ。 /
WEB業界以外で色んな人の話を聞いてるの、まあこの予測には納得感がある /
ドキュメント管理をエクセルでやってる時点でもう… / (385 users)
"2022年までに、大企業の80%が革新レイヤのアプリケーション開発にアジャイル型開発を採用する。しかし差別化・記録レイヤのアプリケーションにまでアジャイル型開発を採用し、定着させる大企業は10%に満たない" / “2023年になっても日本企業の基幹系システムの80%はオン…”
> 2022年末まで、臨機応変なデータ分析を行う上で最も利用される分析ツールはExcelであり続ける

面白い予想。マジか、と思いつつもわかる部分もすごくある。
excelに隣のセルと数式違いますチェック、即値入ってますチェックをつけるだけで全然将来まで使えると思うよ。確定したものはSQL+ダッシュボード、不確実な解析でのexcelアプローチは偉大
その期待はあってるの?「「より早く」「より安く」開発できることがアジャイル型開発に期待される場合が多くなります。」 / “2023年になっても日本企業の基幹系システムの80%はオンプレミスで商用RDBを使い続ける。臨機応変なデータ分析ツールはExcelであり続ける。ガー…”
オンプレミスやExcelが悪いわけではない。ただし、ローカルに限定されるのはあまりにも柔軟性や弾力性がなく、閉鎖的で新たな機会やつながり、そしてスピードが生まれない。
このオンプレパーセンテージを下げる唯一手段は、日本企業における情報システムの内製化。
自分の首を絞めてるかもしれないけど、それが正しい道だと思う。
ソフトハウスプログラマ、ユーザー企業情シス、超SIer、クラウドエンジニアと流れてきた俺が感じてる現時点の最適解。
「オンプレミス」や「アジャイル」というカタカナ語を専門外の人間にも分かるように言い換えるのが先なのでは?(´・ω・`) / “2023年になっても日本企業の基幹系システムの80%はオンプレミスで商用RDBを使い続ける。臨機応変なデータ分析ツールはExcelであり続ける。ガート…”
Excelも進化はしてるから使う事自体はそんなに悪いことではないと思うけど、昔からあるツールだから使ってると古いっていうイメージはありそう。。

2023年になっても日本企業の基幹系システムの80%は…臨機応変なデータ分析ツールはExcelであり続ける。
もっと見る (残り約67件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR