2023年になっても日本企業の基幹系システムの80%はオンプレミスで商用RDBを使い続ける。臨機応変なデータ分析ツールはExcelであり続ける。ガートナーの予想 - Publickey

117コメント 2019-02-26 14:07 Publickey

ガートナー ジャパン株式会社 は、今後3~5年間で企業の顧客戦略に大きな影響をもたらす動向に注目した、アプリケーション領域における2019年の展望を発表しました。 発表にはいくつかの項目が含まれていま...

ツイッターのコメント(117)

ExcelじゃなくてGoogle Spreadsheetでも同じですよね。
最強のデータ分析ツールはExcelなので仕方ない。 / “ - Publickey”
興味深いニュースを見つけました。
特にIT業界で働いている人や目指している人は読んでみてください😄
こいつらの予測精度侮れないからなぁ。
日本くらいだと思うこの現象
手元でちょこちょこやりたい時にExcelっていうのは、企業の規模問わず、そうそう簡単には変わらないと思うけどなあ。自分には置き換え可能なアプリケーションが想像できない。
ただでさえ低い生産性と人口減少が重なってヤバそう
うーん。アジャイルは無理だろうな
ふむふむ。
Excelは万能説
極めればドラクエも再現できる
>最も利用される分析ツールはExcelであり続ける
 
PR