TOP > IT・テクノロジー > 米ガートナー「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表。5Gやバイオチップは過度な期待、レベル4の自律走行や次世代メモリは幻滅期 - Publickey

米ガートナー「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表。5Gやバイオチップは過度な期待、レベル4の自律走行や次世代メモリは幻滅期 - Publickey

18コメント 登録日時:2019-09-02 06:17 | Publickeyキャッシュ

米調査会社のガートナーは、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表しました。 ガートナーのハイプサイクルは、技術の登場から安定までを5つのステージに分けて説明したものです。5つのステージは、「黎明期」から始まり、「『過度な期待......

Twitterのコメント(18)

今年はまさに5Gに期待ですよね

AIの種類が多いこと
AI Paas
エッジAI
説明可能なAI?
感情AI

空飛ぶ車が10年以上
すごいことになってますな
次世代メモリ、エルピーダと東芝が「死んだ」のでもうどこも力入れてないし、どこも経営的に注力したくないのでは。
いまだに空飛ぶ車が入ってるの、どれだけ期待されてるのやら。
確かにここ2-3年で謎に盛り上がっていたことたちはひと段落した感がある。
シャチョに教えてもらって以来、毎年楽しみにしてるガートナーのハイプサイクルが今年もリリース👏
▶︎
ブロックチェーンは消えたか…新しい技術が左側にどんどん入ってきていて、今後が楽しみ /
おいブロックチェーン
ガートナーは根拠ないからアレだと思ってたけど、過度な期待については納得感がある
「エッジAI」「エッジ・アナリスティクス」のふたつが浮上。ローカル処理できるコンパクトなAIへの注目が高まってきたのか。>>
米ガートナー「先進テクノロジのハイプ・サイクル」を発表。5Gやバイオチップは過度な期待、レベル4の自律走行や次世代メモリは幻滅期
ご参考までに
▼米ガートナー「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表。5Gやバイオチップは過度な期待、…
5Gはこれから幻滅期という見立てか。AI PaaSも「過度な期待」のピークが近いと見ているのね。 / “ - Publickey”
みんなだいすき( ・∇・)
毎年おなじみガートナーパイプサイクル
そして5つのトレンド
・センシングとモビリティ
・オーグメンテッド・ヒューマン
・ポストクラシカルなコンピューティングとコミュニケーション
・デジタル・エコシステム
・高度なAI/アナリティクス
トレンド見てると面白いよね。
「2018年版で黎明期にあった『ナレッジグラフ』『エッジAI』『自律走行(レベル5)』『5G」』などは、2019年版で順調に『過度な期待』のピーク期に到達、あるいはそこに近づいています。
一方で『汎用AI』『ブロックチェーンによるデータ・セキュリティ』『会話型AI…」|
去年までのと比べると、技術用語がえらい複雑化した気がする /
以上

記事本文: 米ガートナー「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表。5Gやバイオチップは過度な期待、レベル4の自律走行や次世代メモリは幻滅期 - Publickey

関連記事