TOP > IT・テクノロジー > 140年の歴史を持つ日本経済新聞社が、日経電子版アプリで内製化とアジャイル開発に挑戦した理由と現実、そして課題とは(前編) - Publickey

140年の歴史を持つ日本経済新聞社が、日経電子版アプリで内製化とアジャイル開発に挑戦した理由と現実、そして課題とは(前編) - Publickey

32コメント 2017-01-17 06:02 | Publickeyキャッシュ

日本を代表する新聞社のひとつである日本経済新聞社は、スマートフォンから記事を読むことができる日経電子版を提供しています。そしてこのスマートフォンアプリ開発において、同社は内製化とアジャイル開発による迅速なリリース体制を実......

ツイッターのコメント(32)

だいぶ過去の記事ですがここには日本企業のダメな点と成功が詰まってると思います。ユナイテッドアローズの件は本当に悲しい。
@dotnetradio ええ…なんか内製化って感じじゃないですね… 内製化というならこんな感じでガッツリやってもらいたい気持ちもありますが
言い訳ができなくなってくるよなあ。 /
技術的な新規性が必要ないソフトウェアはスピードが大切になってくる。そうすると今後は内製化が進むと思っている。
> 140年の歴史を持つ日本経済新聞社が、日経電子版アプリで内製化とアジャイル開発に挑戦した理由と現実、そして課題とは
古い会社での体制づくりとして非常に参考になる。でも深津さん、伊藤さんをアサインして社内に開発10人抱えるってどんだけ予算があったんだろ。 / “140年の歴史を持つ日本経済新聞社が、日経電子版アプリで内製化とアジャイル開発に挑戦…”
見て...: -
ななめよみ。たぶん内製化とアジャイル関係ない
聞いてて疑問だったのはプロパー比率。特に言及されてなかったから、お察し状態なのかな / - Publi…”
269: 課題?紙版と電子版の月の購読料が200円しか変わらないことだよ。何回言わせますかね。 / -…”
素晴らしい取り組み。 |
良さそう /
おもしろい。文化を作る人たちの話だ♪ /
切実でめっちゃ面白い。
なんかこういうのって「アジャイル」って言わないといけない決まりでもあるのかなと思う / - Publi…”
NHKや日経など、一見古臭い体質に見える会社が動いてる。金融業界で動ける会社はあるかな。│140年の歴史を持つ日本経済新聞社が、日経電子版アプリで内製化とアジャイル開発に挑戦した理由と現実、そして課題とは
あとで読む(勉強になる)
内製化したのが、とにかく肝だと思う。マスコミでエンジニアを内製化しているのは、日経しかないのではないか? / 140年の歴史を持つ日本経済新聞社が、日経電子版アプリで内製化とアジャイル開発に挑戦した理由...
/* あとで見る */ ⇒
日経新聞チームの記事。非IT系企業とは思えないほど前のめりなチームです Reading...
アプリの成功で20代読者が伸びたんだよね。英数字半角とか、細かいけどそういうことができるって大事と思ったら後編にあった。後編の百徳ナイフは、何かの仕様を決める立場にある人は必見。 / “140年の歴史を持つ日本経済新聞社が、日経…”
この日経のアプリ成功事例はいろんな人に読んでもらいたいし、プロジェクトX で放送してほしい。 / - …”
flipboardに通知を流すのやめてほしい,nikkeiBPはいろんなアドレスからメールしてくるのやめてほしい。 / “140年の歴史を持つ日本経済新聞社が、日経電子版アプリで内製化とアジャイル開発に挑戦した理由と現実、そして…”
アメリカの新聞はリーマンショックの後に焦ってこれぐらいのレベルに到達していた.もうアジャイルどころか機械学習エンジニアまで雇ってて下手な日本のテックベンチャーより進んでる。日本は体感8年遅れてる / “140年の歴史を持つ日本経…”
“メンバーは必ずしも社員である必要はなくて、自分事としてプロダクトのことを考えられる人なら、協力会社の人でもかまいませんし、社員でも自分事として考えられない人はいりません。”だよなあ(後半特に) / “140年の歴史を持つ日本経…”
素晴らしい。
いいなあ。大変だっただろうけど、このチームに参画できた人は自信になったと思う|
これだけ歴史のある会社でちゃんと改善していく下地を作るのは、本当に大変だろうなと思う。素晴らしい。 / “140年の歴史を持つ日本経済新聞社が、日経電子版アプリで内製化とアジャイル開発に挑戦した理由と現実、そして課題とは(前編…”
参考になるなあ… 思ってたのと内容は違ったけど
大きな企業がいかにもな抵抗に合いながら進めているからこそ参考になる /
社内スタートアップではないからこそ参考になる話。
Smart Editionβ3
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR