TOP > IT・テクノロジー > マイクロソフトは、C++でいかにしてMicrosoft Officeのクロスプラットフォームを実現したのか - Publickey

マイクロソフトは、C++でいかにしてMicrosoft Officeのクロスプラットフォームを実現したのか - Publickey

55コメント 登録日時:2014-12-02 05:44 | Publickeyキャッシュ

マイクロソフトはOfficeソフトウェアのマルチプラットフォーム展開を進め、Windows版、Macintosh版だけでなくWebから使えるOffice Onlineに加え、iPad版、Android版も公開を始めました......

Twitterのコメント(55)

ミテル | Smart Editionβ3
内容をみているとゲームエンジンとかでは当たり前のようにやっていることのように見える。
この記事 読む限り、MS はクロスプラットフォームに関して相当のノウハウを持ってると思われるので、そのノウハウがオープン化されるってのは素晴らしい事だと思う。 / “オープンソース化さ…”
44件のコメント
マルチプラットフォーム時代になりC++の採用が増えていると聞きました。/
みてる : -
面白い。やっていることはオーソドックスで、途方もないような事はしていない。/
30年前のコードをメンテし続けてスマホやwebにまで対応。その苦労は正直想像したくない…/
読んでる :
「一貫性を保たなければならない。銀の弾丸はない。唯一のアプローチは、コストとリスクとベネフィットのトレードオフを考えることだ」
Officeのクロスプラットフォームを実現したのか
C++とは知らなんだ。
自分で抽象化レイヤ作って95%以上のコードを共通化するとは。
マイクロソフトは、C でいかにしてMicrosoft かなり階層分けがうまく行っているんだなー。さすが歴史あるソフトウェアだけある。
超巨大ソフトウェア群を有しているからこそ得られている知見、MSの底力を垣間見る内容よね / 言語としてのC++の安定性や、最近の.NET Framework CoreのMITライセンス化から今後もしかし…
「Officeは非常に成功したが、Mac版のWord 6.0は成功しなかった 」あれは本当に酷かった |
Officeのソースは読みまくったよ、疲れたよ。。
"・ 2005年にMac版はgcc 4.2に。2011年にはClangに " マジで
お、おぅ・・・

"Officeは30年の歴史がある、つまりコードベースが30年ものだということ"
これは面白そう /
いいはなし / 他19コメント
デブサミのも含め、MSの変化の一つは、この手の情報を出すようになったことだと思ふ(´・ω・)っ —
もうこの一文だけでめまいがしそうだけどすごいなぁ“Officeのような大規模なレガシーコードを、大きな違いを持つプラットフォームへどうやって適用していくのか” / Offi…”
これ、ロマンがあってイイね! -
すごいな。。 /
Officeのコードベースって30年ものなのかあ。
13件のコメント
Officeのクラスプラットフォー
ムを実現したのか
>銀の弾丸はない。唯一のアプローチは、コストとリスクとベネフィットのトレードオフを考えることだ

すばらしい!
>>
動画の途中に出てくるコードが文字潰れてて悲しい
はてなブックマーク-人気エントリー
C++健在だなー。 good read
Office ってシングルソース?MacとPCで概念レベルから非互換な気がするが。。
B! 「小さなPAL」ですよねー
マイクロソフトはOfficeソフトウェアのマルチプラットフォーム展開を進め、Wi...
6件のコメント
[Link] 9月に米国で開催されたC++言語のイベント「CppCon 2014」より。
/ 機能ではなく時間軸でモジュール群をクラスタ化し、ポータビリティあるコード統制を敷く、と。ガートナーのペースレイヤだな。
気になった記事。/ -
Androidもかあ。すげーな。 / 他1コメント
Officeともなると、クロスプラットフォーム化も難しいなあ。
- Pressoからシェア
「C++の機能と長期にわたる進化がOfficeの価値を支えてきた。ほかの言語ではできなかっただろう。」

の一文に目頭が熱くなりたかったが、残念ながら身体がついてこなかった。
この部屋、冬だから乾燥し過ぎでは。。。?!
30年のコードベース!!
製品としての成功があったからだろうけど、どれだけの人が関わってきたんだろう。
以上

記事本文: マイクロソフトは、C++でいかにしてMicrosoft Officeのクロスプラットフォームを実現したのか - Publickey

関連記事