TOP > IT・テクノロジー > 世界最大のラッカー盤製造工場が全焼。残る日本メーカーは「数ヶ月分の在庫確保済み、増産計画前倒しも検討」 - PHILE WEB

世界最大のラッカー盤製造工場が全焼。残る日本メーカーは「数ヶ月分の在庫確保済み、増産計画前倒しも検討」 - PHILE WEB

23コメント 登録日時:2020-02-14 19:07 | Phile-webキャッシュ

世界で2つしかないラッカー盤の製造工場のひとつが山火事により火災、全焼したというニュースが2月11日に飛び込んできた。アメリカのカリフォルニア州にあるApollo/Transcoという会社で、これまで世界のラッカー盤の供給の大多数を担っていた。AFP通信などのニュースによると壊滅的な被害を受けたという。...

ツイッターのコメント(23)

へぇ~、アナログレコードの原料って今は、一時的に?日本の会社しかないのか。米国のアポロトランスコ?が再建するか否かだけども。
おう、そんな大事になってるのか…
『 』
燃へちゃったのはカリフォルニアのApollo/Transco社、残る1社は長野のパブリックレコード社とな
アナログレコードを買う人、聴く人や関係する人には、重大な記事ですね。全焼した工場が復活してくれるといいのですが。
確か県内にそう言う会社あったな。
2020/02/14 世界で2つしかないラッカー盤製造工場のひとつが全焼 もう1つラッカー盤を製造できる会社、長野のパブリックレコード「増産計画を立てていた。計画の前倒しも検討」
この記事を読むとアナログ盤の供給は大丈夫なようですが、、、

ひそかにみゆきさんのCDのみ発売の過去作もLP化されることを期待しています。
(アナログの盤面て、みどりの黒髪のようで美しいですよね。)
WE


このニュースのタイトル見て
ラッカー盤がアナログレコードの材料だということにすぐ気がつく人がどれだけいることだろうか。。。
知らなかった事実
好調なアナログに一抹の不安が、、
古い技術を磨きかけていたらいつの間にか世界に一つだけのメーカーになってしまった!
個人的にはアナログ盤に戻りたいとは思わないが、技術の継承には大賛成なので頑張って欲しいと思う
アメリカの工場火災で長野県宮田村の工場がアナログレコード原盤を製造できる世界に一つだけの(作曲家逮捕のため検閲削除)
世界最大のラッカー盤製造工場が全焼。残る日本メーカーは「数ヶ月分の在庫確保済み、増産計画前倒しも検討」CD出た時は、あれだけだったけどねぇ。やはり「ええものはええ」と、分かる人にはなんだろうなぁと。
世界で2つしかないラッカー盤の製造工場のひとつが山火事により全焼。
アメリカのカリフォルニア州にあるApollo/Transcoという会社。
しかし、もう1つラッカー盤を製造する会社が日本にあることは、あまり知られていない。
長野県宮田村にあるパブリックレコードという会社。
近年復活の兆しを見せるアナログレコードの原盤となる「ラッカー盤」米国の工場火災で世界中で製造できるのは長野県上伊那郡宮田村にあるパブリックレコード唯一社に。
やっぱり日本て凄い!長野県凄い!
⁦LPレコードの原盤工場は重要な工場。
パブリックレコード!!!懐かしい、中学の定演ここに頼んでたわ
とりあえず日本の工場が在庫たっぷりでレコードの原盤生産にしばらくは影響なさそうとの事で安心(*´Д`*)
以上

記事本文: 世界最大のラッカー盤製造工場が全焼。残る日本メーカーは「数ヶ月分の在庫確保済み、増産計画前倒しも検討」 - PHILE WEB

いま話題の記事