TOP > エンタメ > 元芸人のマネージャー明かす“サンドの素顔” 解散危機や震災報道を変えた一言とは | ORICON NEWS

元芸人のマネージャー明かす“サンドの素顔” 解散危機や震災報道を変えた一言とは | ORICON NEWS

54コメント 2019-12-09 08:56 | ORICON STYLEキャッシュ

“好感度No.1芸人”として今年も多方面で大活躍だったサンドウィッチマン。長い下積み時代を経て、2007年の『M-1グランプリ』優勝をきっかけにブレイク。現在、18本ものレギュラー番組を抱え多忙を極めている。そんな2人をM-1優勝直後からずっとそばで支えてきたのが担当マネージャーの林 信亨氏。実は元芸人で、若き頃は彼らと同じ舞台に立っていた。古くからサンドウィッチマンを知...

ツイッターのコメント(54)

東北(宮城、仙台)行ってみたいな…😌
サンドウィッチマンの過去の話を読むといつも涙がでる。昨日のM1でまた思い出して、いろいろ読んでる。
こうやって地元を大事にしてる人達だし応援せずにはいられないのよね
コントのテンポもネタも全て好き
様々な犯罪者が画像出た時、人は見かけによると再確認させられる中、人は見かけと真逆であるて確認させられそうなくらい真逆に振り切れてて、ちょっと笑ってしまうわ、すげーってw
Managerとしての林君の活躍が嬉しい!
同級生の星!!
読む前から「そりゃ良いだろこんなもん」と思ったけどやっぱり良かった
サンドウィッチマンめちゃくちゃ好き。笑いのセンスは勿論だが、ロケ番組などを拝見してると様々な場面で人としての温かさが伝わって来る☺️
いつかはライブ見に行きたいなぁ。
チケットも休暇も取れないと思うけど
»   エエ話や……
事務所に感謝です。
彼らが東北の支えや癒しになっている事実が大きいです
震災当時、避難所の映像にはモザイクがかけられていたんです。でも2人が避難所を訪問した時「モザイクはいらないですよ、見た人の安否確認になるのでみんな撮ってほしくないと思っていないです」と言ったんですね。そしたら、それから各局がモザイクをはずした。
サンド好きの贔屓目かもだけど、素晴らしい記事😭

「伊達を芸人の道に誘った自分を強く責め、解散の話を持ち掛けたのだ。しかし伊達は「まだ解散するまでの挑戦を俺たちはしていないんじゃないか」と引き留め、解散は免れたという」

元芸人のマネージャー明かすサンドの素顔
“『M-1』優勝後の1年目よりも10年目の方が忙しくなるようにしよう”
マネージャーがそう思えるって凄い。
やっぱりサンドは最高。
サンドウィッチマン好きは必ず読んで欲しいくらい良い記事…途中泣きそうになってしまった(T . T)
これからもずっと応援してます!

サンドウィッチマンの地元の宮城においでよ!
良き理解者がいるってのはやっぱり成功の秘訣かなぁ。引き寄せる何かもあるだろうし。
“サンドを見ると震災を思い出して笑えなくなる、番組側が彼らを芸人として使いにくくなる、という不安も全くなかったわけではありませんが、“そんなことで使わなくなる仕事なんていらない”と思っていました。”
10年後を意識していた動き。
将来を見据えていく大切さ。
読みながら、納得出来た。
う~ん、やっぱオリコンのライターって、下手だな。
っつーか、この山本圭介って人はシンガーソングライターなの?
そんな人が記事を書いてるの?
本来なら取材を受ける側の人じゃないの?
同姓同名の別人?
“「『M-1』優勝後の1年目よりも10年目の方が忙しくなるようにしよう、目先のものを取りにいかないようにしよう」と。スケジュール管理は完全に任せてもらっていたので、色んなでかい仕事を断っていたと2人が聞いたら多分びっくりすると思います(笑)”
やっぱり大好きだわ😊
サンドウィッチマン✨
やっぱりいいね。

-
どこにも突っ込みどころのない文句なしに素晴らしい話だったw
サンドだいすき…ライブ観たいなぁ
真面目かっ!
サンドのお二人ならではの話です。
ちょっと、泣くわこんなん(´;ω;`)ブワッ
何というか全員が凄い良いよね
荒れがちなネットのコメントすら、否定的な意見がいっさい付かないところにサンドウィッチマン凄さが表れていると思います。

ちなみに、コメントは50件まで目を通しましたが、そこまで悪口0(㌍)。
こういう裏で支える人のインタビューは良いね。良い記事だ。
好感度しか上がらない記事
「エンタの神様」がサンドの転機、とおっしゃってくれているのが嬉しかった記事。
出演当初、登場しても歓声はないのに(まだ無名だったので…)ネタで爆笑を取り続けて、退場の際は大きな拍手に包まれていたサンドのお2人。
売れる前も、売れた後もかっこいいです。
仕事中、泣きそうになるなど。
サンドイッチマンがこれまで何回かの解散危機があったそうな。

さて,何回あったでしょう。
いい話すぎる…。
やっぱり、露出のマネジメントきっちりできているところが長生きするなぁ。
「男気」という言葉は、
この二人にこそ相応しい。
やっぱり宮城の誇りですよ…
グッと来るなぁ😭
芸人は先の見えない道を走ってる。売れない芸人は真面目であればあるほど考え込んでしまう
タレントと事務所の問題が度々話題となった2019年。本当の“家族”のような存在
林「”『M-1』優勝後の1年目よりも10年目の方が忙しくなるようにしよう、目先のものを取りにいかないようにしよう”と」/
あまりにも好感度が上がり過ぎるとちょっと心配。あと太り過ぎも心配。
アメトーークのグレープカンパニー芸人、永野、高橋英樹真麻親子含め雰囲気よかったし/
いい記事だ…
こういうエピソードを聞くとますます応援したくなるよね。彼らを知ったのは2007年のM-1優勝だけど、あれから12年も経っちゃったのか…時間の流れは早すぎる。。
芸人の場合「キャラとは違う裏の真面目な顔は表に出さないで、営業妨害だから」というケースもあるけど、サンドさんは違う。
誰よりも安心して笑える芸人さんを支えるのマネージャーの思いを知って改めて感じた。
>> この震災報道の件は初耳だったな
以上
 

いま話題の記事

PR