TOP > エンタメ > 富野由悠季が語る『ガンダム』のリアルを生んだ“高畑勲イズム” 「高畑さんは僕にとっても師匠」 | ORICON NEWS

富野由悠季が語る『ガンダム』のリアルを生んだ“高畑勲イズム” 「高畑さんは僕にとっても師匠」 | ORICON NEWS

62コメント 登録日時:2018-04-21 08:58 | ORICON STYLEキャッシュ

 日本のアニメーション文化を黎明期からけん引してきた故・高畑勲さん。1968年に『太陽の王子 ホルスの大冒険』で劇場用長編アニメを初監督以降、『アルプスの少女ハイジ』(1974年)、『母をたずねて三千里』(1976年)などのテレビシリーズを手掛け、その後のスタジオ・ジブリで『火垂るの墓』(1988年)『かぐや姫の物語』(2013年)などを発表。世界のアニメク...

ツイッターのコメント(62)

だそうです。いっぱいいっしょにお仕事してたんですね。
備忘録:今なお高畑さんが教えてくれること
@sousai_h 80年頃だったか、「ガンダムやりながらアンのコンテを切って、感覚的にはどちらもあまり変わらない」みたいなことをインタビューで答えていたような。


どっちも着手した三日後にコンテを仕上げてからとかゞ( ̄∇ ̄;)ソリャネーダロ!!
才能がどうという意味でなく、人としてアレかどうかという点では、トミノ氏は比較的フツーのヒトに思えてしまう・・・スゴイ業界だなあ。
いい記事だなー。富野論としては既に有名な関係だけど、ご自分で語られて感慨。
「子供の理解力を舐めんな」はMSVでもやったよ。で出来たのが講談社のMSV本。お陰で校閲と大喧嘩したよ(笑)
ここまで直球に素直に語る富野さんって初めてみたかも。
富野さん、追悼でゴールデンタイムで放送できるような映画、今のうちに作っといて下さいよ。金曜ロードショーでイデオン前後編二週連続一挙放送とか、無理でしょ?
富野監督と、こんな風にやわらかに語り合ってみたいと思わせる、素晴らしい記事でした。
インタビュー記事を読んでも高畑×宮崎の間に無理やり入ってきた印象しかない。やっぱり富野は富野だろう。
“…「高畑さんの評価が置いてけぼりにされている」と現状を嘆く富野氏…”
のところに、すごく共感
『仮想敵』と『心の師匠』は同義語なのかもしれない。
富野監督のお言葉が判りやすくまとめられてる。このライターさんはきっと優秀。
ちょっと前のだけど。

『 「高畑さんは僕にとっても師匠」』
富野由悠季おじいちゃんさ!
「ハイジ」「三千里」「アン」はじっくり時間かけて見てみたい。
富野監督がアニメの中にリアリズムを描くのは高畑勲氏の影響だったんだ
「街の風景、街灯がそこに立っている意味、つまりは物事の形が持っている意味は、なんとなくではありません。“それを意識する・考える”ということを高畑さんに教えられました。」
富野さんならではの、さすがの高畑勲評。
振り返ってみれば、私達の年代は、すごい人達の作品に、育ててもらったんだなぁ…。
フォトギャラリーに御大の写真並んでてなごむ /
「子どもの理解力を舐めるなよ」~
ミ○ルの家はア●の家の反転/
通常は最低でも1ヵ月半はかかる作業を10日でこなしていた当時の過酷な状況を明かした/この過酷な制作現場でコンテを求められ続けたのは、高畑さんにスピードとクオリティの両面で信頼されていた証であろう / “富野由悠季が語る『ガンダム…”
「高畑さんは僕にとっても師匠」時間無い言うのに、これだけは・・・「名将は名将を知る」馬鹿は、何時までもそのレベル。
いろいろあったんだろうなぁ
こんなに人のことを語るのは珍しい気がする。 >
富野監督がコンテマンだったころの話だ
「対象への理解が正確でなければならない、ということを追求してきた監督が高畑勲です」
読んだ。 -
「つまり、宮崎氏のモチベーションは常に「高畑勲に認めてもらう」ためであったが、一方で、高畑さんの影響下から抜け出したい…「そんなブレる想いを宮崎作品からは見てとれると思います」(富野氏)
早書きの富野であり、シナリオを変えようとする冨野御大ですわw
安定のトミノ。『 「高畑さんは僕にとっても師匠」』
富野監督は1週間(Gレコの作業があるのに)、高畑監督のことを考えていたのか。知人の訃報はなあ…。乗り越えてほしい。 / | ORIC…”
高畑さんが“宮崎駿”、“富野由悠季”両監督の作家性に多大な影響を与えた「師匠」である
“「子どもの理解力を舐めるなよ」 富野由悠季に影響を与えた“高畑演出”の意図” /
高畑勲イズムがあるアニメはつい何度も観ちゃったり観てない時でも頭の中で色々考えたりするよね。
高畑監督について語る富野監督のこの笑顔の数々。
こんなにアニメ監督を褒める富野監督珍しいな/
レディプレ観た日にこれ読めたのはなんか嬉しい
劇場版Gのレコンギスタ鋭意製作中
「オンエアはいつですか」「再来週かな」 /
> 現在は劇場版アニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』を鋭意制作中。

本当かこれ?
フォトギャラリーが穏やかな笑顔ばかりなんだけど、個人的にはだいぶ"老い"の影を感じて複雑な心境。今年で77歳
ほんとにいい笑顔だ…
“「子どもの理解力を舐めるなよ」”
“「つまり、1分耐えられるセリフやストーリーが作れるのか、それがアニメの勝負だと教えられたんです。”
"街の風景、街灯がそこに立っている意味、つまりは物事の形が持っている意味は、なんとなくではありません" それにしてもいい笑顔だ… / 「高畑さんは僕にとっても師匠」…”
プロフィールの所に劇場版Gレコ製作中って見えたんだけど…
「高畑さんの評価が置いてけぼりにされている」と現状を嘆く富野氏。
記事も大変素晴らしいのだが、富野由悠季ニコニコ表情写真集と化してる写真一覧が大変良い。みんな素材として保存しておこうな / | OR…”
オリコン……! 富野監督……ッ!
「発注を受けた際に『このコンテの納期は?』『三日後』というやりとりがあって、それで恐る恐る『オンエアはいつですか』と高畑さんに聞いたら『再来週かな』と返されて…(笑)」高畑監督の鬼スケ / “富野由悠季が語る『ガンダム』のリアル…”
「つまり、1分耐えられるセリフやストーリーが作れるのか、それがアニメの勝負だと教えられたんです。それに気づいたのはその仕事の20年後ですが、逆にいうと、高畑勲という人はずっとその方法論でやってきた方なのです。」
このタイミングで富野が出てくることはもはや運命。
なんだよ…Gレコ作ってんじゃねえか…
オリコン公式サイトのほうは写真が多いなー。
ガンダム以降の富野作品には、高畑演出の影響が強くあるそうです。
以上

記事本文: 富野由悠季が語る『ガンダム』のリアルを生んだ“高畑勲イズム” 「高畑さんは僕にとっても師匠」 | ORICON NEWS

いま話題の記事