TOP > エンタメ > ORICON STYLE > ピエール瀧被告、...

ピエール瀧被告、今秋公開映画に出演 製作委員会「改編・追加撮影を行わない」 | ORICON NEWS

10コメント 登録日時:2019-05-16 08:14 | ORICON STYLEキャッシュ

ニュース| テクノユニット・電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が、今秋公開の映画『宮本から君へ』に出演することが15日、わかった。同作の製作委員会は「事件発覚後、幾度となく協議を重ねてまいりました。その結果、ピエール瀧氏は、今後も法律に従って裁定が下されることになり、それ以上の措置について、本作品が関与するものではないという結論に至り、製作委...

Twitterのコメント(10)

作品に罪ないって言葉は臭すぎでくっそ嫌いだけど、客が自分で選んで金払うもんは無駄な自主規制いらんよな

つか電気の音源も出荷停止解除せいよ
AAA浦田直也容疑者の件でもやらなかったんだぜ
『麻雀放浪記2020』公開日2020に見てきた。次はこれ。
池松壮亮くんの「宮本から君へ」
そのまま、公開されるんだね(*^o^*)
よかった❣️

「麻雀放浪記」も4月に公開された………。

でも、難しいよね…😭
「今後も法律に従って裁定が下されることになり、それ以上の措置について、本作品が関与するものではないという結論に至り」
東スポの埋め草記事など尻目に、社会は動いている。
製作委員会「改編・追加撮影を行わない」|オリコン|

全然良いと思います!
作品に罪はない。
公開、楽しみに待ってます。
「ピエール瀧氏は、今後も法律に従って裁定が下されることになり、それ以上の措置について、本作品が関与するものではないという結論に至り、製作委員会の総意として、本作品の改編・追加撮影を行わない」/
今秋公開の映画『宮本から君へ』
本作品の撮影は昨年9月29日~10月30日の期間に完了している。
ワイドショーが変に蒸し返さないことを願います。
>「(略)ピエール瀧氏は、今後も法律に従って裁定が下されることになり、それ以上の措置について、本作品が関与するものではないという結論に至り、製作委員会の総意として、本作品の改編・追加撮影を行わないまま、劇場公開することと致しました」
以上

記事本文: ピエール瀧被告、今秋公開映画に出演 製作委員会「改編・追加撮影を行わない」 | ORICON NEWS

関連記事