TOP > エンタメ > 『りぼん』最大発行部数255万部時代の“ふろく”本発売 表紙は矢沢あい氏の描き下ろし | ORICON NEWS

『りぼん』最大発行部数255万部時代の“ふろく”本発売 表紙は矢沢あい氏の描き下ろし | ORICON NEWS

28コメント 登録日時:2018-07-23 20:45 | ORICON STYLEキャッシュ

ニュース| 少女漫画誌『りぼん』が最大発行部数を記録した1993年度を中心に、80~90年台の「ふろく」の魅力を凝縮したカラー図版ムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』が、25日に発行される。表紙は『NANA-ナナ-』『天使なんかじゃない』で知られる矢沢あい氏が描き下ろしている。 2015年に発行された『りぼんの付録全部カタログ~少女漫画誌60年の歴史~』が好...

ツイッターのコメント(28)

@yuko19820614 そうそう、出川の~

世代だよね(*≧艸≦)
ってこんな話したよね
りぼんの展覧会行きたかったー

前言ってた本👇🏻
あかん!ドンピシャすぎる世代🤦‍♀️応募者全員サービスあったなーー全部持ってた、、買おうーっと!
「水沢めぐみ・吉住渉・矢沢あい・小花美穂の対談」「池野恋のコミックエッセイ」の文字を見て90年代にタイムスリップしたのかと思いました…。付録写真に悶絶すること必須!
私は昔、少女漫画の付録(特に『りぼん』)がかなり好きで、自分でりぼんを買って付録をGETするだけでなく、友達や従姉妹(父方の)にもらった事もある😲
"ふろく"本も欲しい✨
りぼんのおまけのやつおまけの歴史とかももちろんすごいけど黄金期(80-90年代)を駆け抜けて今も一線で活躍する先生方の座談会がめちゃくちゃ豪華だった…
ギリギリ世代、でももう少しお若い方がメインだろうな。ふろく毎月楽しみだったなぁ
毎月とっても楽しみに読んでいた『りぼん』
これ欲しい☺️✨
楽しみ!
写真見てたら色んな思い出が蘇ってきた(´;ω;`)
いやぁん!懐かしすぎて、すぐポチってしてしまった。結構実家にあるんだなー
これ、めちゃくちゃ欲しすぎる♡
これ欲しいな
昭和50sホイホイ。予約するわ。
すごいふろく本が出ましたよ!!
制作陣の愛と熱意のハンパなさがガツン伝わってきます!!
矢沢先生!
NANA、まだ待ってます!
NANAファンにはたまらーん!まだ連載復活はないだろうけど、絶対買いに走ります!画風が好き!
妹の『りぼん』をこっそり読むのが楽しみでしたが、これ欲しいなぁ。『りぼん』は、今の自分を作り上げた大きな一つものだと思ってます。
 表紙は矢沢あい氏の描き下ろし(オリコン)
天ない の人か。この先生。
もう少し前の世代だと最高だった。
りぼんよりなかよし派だったなぁ。

-
うん💕買う😍😍😍😍

 表紙は矢沢あい氏の描き下ろし(オリコン)
これは良い( *¯ ꒳¯*)♡
なかよしもやって欲しいな…
この本、欲しい!(笑)
懐かしい!!りぼん読んでたー
これ欲しいな…
なにこれ…こんなの絶対ほしいやつ…。=
以上

記事本文: 『りぼん』最大発行部数255万部時代の“ふろく”本発売 表紙は矢沢あい氏の描き下ろし | ORICON NEWS

いま話題の記事