おかえり…娘の骨を何度もなでる父 東日本大震災で亡くなった7歳 「奇跡」の発見 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

ツイッターのコメント(28)

奇跡というか、必然なのか…
11年を経てようやく見つかったと… これは言葉にならない。

- 沖縄タイムスプラス
福島と沖縄がこうしてつながるとは。子ども食堂と同じ構図。遺骨収集にやる気の無い国の姿勢を浮き彫りにしている。
戦没者もそうだし被災者もそうだが、最後の一人まで探索をしない政権ならば即座に吹っ飛ぶ、くらいの民意は持って欲しい
沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」代表の具志堅隆松さん(67)は2日、東京電力福島第1原発がある福島県大熊町で、東日本大震災の津波で亡くなった木村汐凪さんとみられる遺骨を見つけた。
沖縄戦遺骨収集ボランティア代表の具志堅隆松さんは大熊町で木村汐凪さん=当時(7)=とみられる遺骨発見。父紀夫さんが地中から掘り出し、約11年ぶりに再会した次女の骨を何度もなでた
ニュース | 沖縄タイムス+プラス

このニュースでいろんな人たちと再開した気持ちになった。
ニュース | 沖縄タイムス+プラス
沖縄県の遺骨収集ボランティアさんが「福島県大熊町にて」東日本大震災で行方がわからなかった少女の遺骨を発見し親へと返還。
経験と技術に裏打ちされた奇跡。
 
PR
PR