TOP > スポーツ > 沖縄に上陸した聖火リレー 白い幕で囲われた会場 五輪ムラの内と外に見た圧倒的な「落差」【現場ルポ】 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

沖縄に上陸した聖火リレー 白い幕で囲われた会場 五輪ムラの内と外に見た圧倒的な「落差」【現場ルポ】 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

19コメント 2021-05-03 22:31  沖縄タイムス

沖縄島に上陸した聖火リレーは5月1、2の両日、閉じられた空間で一般客を立ち入り禁止にして実施された。2日間の取材で見たのは圧倒的な「落差」。会場の中と外、中継画面の中と外、五輪ムラの中と外の間に、埋め...

ツイッターのコメント(19)

沖縄に聖火リレーが上陸。周囲は布で囲まれ、中は見られず。これじゃ本当に走っているかも分からないだろう。ここまでバカだと、どうコメントしていいかも分からん。
何のためにやっているんだ?とにかく実施して金を使いたい?
まるで非公開の宮中儀式を真似してるみたい。
関係者1600人のPCR検査費用を公費で負担して、各ランナーが最大4人招待した家族や知人の分も負担ねえ。やはりオリンピックは滅ぼさなければならない
「歓迎されない聖火リレーに踏みにじられる沖縄‼️」
ホワイトハウスの前庭も白い壁で囲って外から見えないようになっている。ディープステートによる最近流行のスタイル。
兵庫のリレー日程はバッハ来日の後。感染者数が減ってるとは思えないので中止は濃厚だろうが、強行するなら膝つきしに行くでwww
「中の舞台上にいる人が『これは悲劇』とコメントした」ということ自体が、まさに悲劇! さすが阿部記者、いい記事書くねえ。
■閑散とする「箱庭」の中
屋外でディアマンテスとくれば、反射的にビールが飲みたくなる。幕の中に入るまでは、ビアフェスティバルのような光景が少し頭にあった。全く違った。ランナーや家族も帰っていて、直接聞いているのはまばらにいる報道陣とスタッフだけだった。
エゴ資本主義の終焉。ムラの利益をキーワードで、問題が浮き彫りになる。鳥取知事との相違はなぜ?を記事に  | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
辺野古の前に座っている人と同じ人
五輪ムラの内と外に見た圧倒的な「落差」【現場 ...
警備員や運営スタッフが遠巻きに見守る=5月1日午後2時11分 ... 周囲はぐるっと白い幕やテントで囲われ、警備員約60人が立ち、さらにその......
スッゴい、記事です❗️

拡散、よろしく‼️
むだづかいやな
丹念な現場取材で聖火リレーの不条理さをあぶり出した良いルポだ。

「圧倒的な落差」

思えば沖縄と本土、一部の富裕層と生きることに精一杯の貧困層など、至る所に「圧倒的な落差」が存在する。それらに慣らされてしまえば、聖火リレーの滑稽さにも鈍感になってしまう。
ショックぅー

「ランナー無し式典のみ」の流れを変えて今回の形にしたのは県側だったのか…

…次の県議選挙と知事選いつだっけ
バカ野郎!!
国策をやめる勇気…欲しいよね。国に今はコロナを言い訳にしてもいいのにね。
なぜ今、感染が広がる沖縄で聖火リレーを強行しなければならないのか。

答えを探して歩いた2日間のルポ、全文無料公開です。

見えたのは会場の中と外、中継画面の中と外、五輪ムラの中と外の間に横たわる、圧倒的な落差。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR