TOP > 政治・経済 > 自衛隊、米海兵隊との同居は「悲願」 新基地の着工前にキャンプ・シュワブを現地調査 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

自衛隊、米海兵隊との同居は「悲願」 新基地の着工前にキャンプ・シュワブを現地調査 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

12コメント 2021-01-26 08:15  沖縄タイムス

[辺野古共用基地 自衛隊 沖縄移駐50年](1) 自衛隊はずっと、沖縄の民意を注視してきた。尖閣諸島有事をにらむ水陸機動団に辺野古新基地を使わせたい。しかし、早い段階で表面化すれば建設そのものが頓挫し...

ツイッターのコメント(12)

| 辺野古共用基地 自衛隊 沖縄移駐50年 - 沖縄タイムス+プラス
“計画は正式決定されていないだけで、陸自のほかに内局や沖縄防衛局が関与した。日本政府関係者によると、在日米海兵隊は米本国政府にも了承を得た上で合意している。”
辺野古基地の恒久化を陸自が肯定とは。



 新基地には1800mの滑走路あり、陸自も導入進めるオスプレイが最大積載で離着陸できる。

「海へのアクセスが良くて最高」と言う陸自幹部もいる
>沖縄タイムスと共同通信が計画全体像を報じた25日も、加藤勝信官房長官が「報道のような計画は有していない」と否定
>ジャーナリストの布施祐仁氏は「米国では政府が決定し責任も取るが、日本はこれまでも政治が現場に責任を押し付け、問題化すると切り捨ててきた」と指摘
| 沖縄タイムス
 ジャーナリストの布施氏は「文民統制を重視する米国では政府が決定し責任も取るが、日本はこれまでも政治が現場に責任を押し付け問題化すると切り捨ててきた」と指摘する
コロナのどさくさに紛れて何てことしているんだ!
〈「日本版海兵隊」とされる水陸機動団にとって「本家」海兵隊との同居は悲願だった。〉
私たちが報じた「辺野古に陸自」合意を、政府は陸自の独断で片付けようとしている。

事実は異なる。正式決定はしていないが、計画には内部部局も関与した。

沖縄の反発を恐れ、隠し通すつもりか。

きょうから連載を始めました。
自衛隊、米海兵隊との同居は「悲願」ってよ、悲願なら なんで?ヤマトにある自衛隊基地に沖縄の米軍全部移したらいいさ。そんなに一緒に居たいならよ。

尖閣諸島有事をにらむとかよ、お前らが有事をつくりたいだけだろ。早く米軍もスケベー防衛省自衛隊も沖縄から出て行け
アメリカの押し付けでもない。負担軽減というのも嘘っぱち。ーー
「早い段階で表面化すれば建設そのものが頓挫しかねない。」

意図的に国民を欺いて、完全に詐欺じゃん。沖縄の負担軽減とか言った嘘つきを引き摺り出して説明させろ。

米海兵隊との同居は「悲願」 新基地の着工前 自衛隊、キャンプ・シュワブを現地調査 | 沖縄タイ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR