TOP > 社会 > 辺野古埋め立て変更 名護市民の意見579件「全て否定的」 市長は「異議なし」 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

辺野古埋め立て変更 名護市民の意見579件「全て否定的」 市長は「異議なし」 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

12コメント 2020-12-16 08:19  沖縄タイムス

 沖縄県は15日、名護市辺野古の新基地建設を巡る埋め立て変更承認申請に対し、名護市在住者から提出された意見書579件が、全て新基地建設に否定的意見だったと明らかにした。主な意見の概要と内訳を公表した。...

ツイッターのコメント(12)

辺野古埋め立て変更について579件の意見書全て新基地建設に否定的な意見。肯定はもちろん中立的な意見もなし。
皆反対!そりゃそーだ!
市民の声の反映を期待!
:沖縄タイムス
『意見の主な概要は、「軟弱地盤や活断層があり、基地建設は不可能」「地盤改良が見込めない中で膨大な税金の投入は不当」と新基地建設は不可能との見方があった』
埋立変更申請って科学的、工学的な観点でするんじゃないの?ゴミ処理場や火葬場の建築申請の時も同じことしているのかな?

 名護市在住者の意見579件「全て否定的」(沖縄タイムス)
意見書には個人情報を記入
そりゃ、基地反対派の総元締めの県に肯定的な意見を知られた日にはどうなる事か、賛成と言える訳がない
名護市長選の基地反対派の票数は16,931票
賛成派を黙らして反対派が言う出来レース
そもそも辺野古移設に否定的な人が市に意見書を書いてるのではないだろうか。

辺野古賛成の人や「どちらでも良い」という人は、わざわざ意見書書いて出さないだろうし。
| 沖縄タイムス  『意見の主な概要は、「軟弱地盤や活断層があり、基地建設は不可能」「地盤改良が見込めない中で膨大な税金の投入は不当」と新基地建設は不可能との見方があった。』そらそうやろ。
〈全て否定的〉〈肯定的、中立的な意見〉なし

「軟弱地盤や活断層があり、基地建設は不可能」
「地盤改良が見込めない中で膨大な税金の投入は不当」
「汚濁が拡散し、大浦湾の環境破壊は深刻化している」「これ以上新設の基地はいらない」

国は民意を無視するな。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR