TOP > 社会 > 「首里城には怨念を感じる」離島から見た首里の姿に記者苦悩 那覇中心の視点問い直す | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

「首里城には怨念を感じる」離島から見た首里の姿に記者苦悩 那覇中心の視点問い直す | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

34コメント 2020-10-18 10:41  沖縄タイムス

[迷った 考えた 現場からの報告](3) 「沖縄のマスコミは首里城の本当の姿を書かない」。今年1月に始めた連載「首里城 象徴になるまで」の取材のために訪れた与那国島で、前与那国町教育長の崎原用能さん(...

ツイッターのコメント(34)

| 迷った考えた現場からの報告 | 沖縄タイムス+プラス 2020年10月18日
「首里城・王府」は沖縄県民の象徴ではない!
散々離島から搾取した琉球国王。離島が開放された出来事、それは「琉球処分」。琉球王府は財政、外交、貿易、領土等優先は国王とその取り巻きの利権のため。悪いエピソードあっても善は一切ない。
あそことあの独裁国家のヘ憧れ?
タイムスがこんな記事を書ける時代になったのか。
沖縄差別の話題が出るとき、必ず隠されていた宮古・八重山の人達への沖縄本島からの差別。この記者はきちんと向き合っていって頂けると信じたい。
「前与那国町教育長の崎原用能さん(73)が苦々しく言った。崎原さんは『琉球処分を、首里の人たちが特権を失った出来事としか書かない。人頭税に苦しめられた宮古、八重山の人たちは、職業と移動の自由を手に入れたんだ』と続けた」
「私たち『沖縄のマスコミ』はヤマトに対して沖縄の立場を主張しているが、沖縄の中ではどうか。那覇中心の価値観を地方に押し付けてはいないか。地方の歴史や人々の心の揺れを丁寧にすくっているか」→この視点は大事だと思う。
これは大事な話
先島諸島と奄美は歴史的に反琉球だから、いろいろとあると思うところはあるかと。/
与那国の石を使ってるのは初めて知った
記事は大事な指摘や視点含んでると思うけどタイトルで-離島-と書くあたり「そういうとこな」とも思う。
良記事なんだが、奄美にルーツを持つ者として、八重山に触れても奄美群島に触れてないのが気になる。
離島だけではない。
琉球王朝の繁栄を享受していたのはごく一部の一族や経済人だけ。多くはひどい重税に苦しめられ食うか食わぬかの人も多かったのが実情。
特に王朝末期はひどかった。
沖縄県民は正しい琉球の歴史を学ぶべきだ。
わかるきがする。
たとえ当事者でなくても物事は色んな視点で捉えたい。
…Wikipediaで「沖縄県(や関連記事)」を読んだ限りの話ではあるが、沖縄に於ける“差別”は「極めて多層的で複雑」という印象である。🤔
独立派はもちろんこれ読んだよね?
こういうのがあるんで首里城は何度でも燃える、と弟の知り合いが言ってたらしいが、僕の回答は、首里城は木造だから燃える。

“ 那覇中心の視点問い直す”
《私たち「沖縄のマスコミ」はヤマトに対して沖縄の立場を主張しているが、沖縄の中ではどうか。那覇中心の価値観を地方に押し付けてはいないか》

| 沖縄タイムス
これはしっかり考えたほうがいい。僕にとっても、復元首里城は自分のアイデンティティというよりはステレオタイプとしての沖縄イメージの一部であって、ぶっちゃけ隣町の城です。
沖縄、琉球、、、
本島と離島の苦悩の違い。
本当の事を知り、伝えて行かなければならない私達。
オレが首里城焼失後の再建に肯定的じゃない理由はこういう事も関係していて沖縄の歴史を知らない連中が簡単に「首里城再建」を言うのは仕方ないと思っていたけど人頭税で苦しめられた歴史を持つ地域の子孫にあたる人達はどう思うのか?と思ってた
首里城の人たちが、八重山やその他離島の人たちに、過去何をしたのかを、沖縄タイムズが報じることはとても意義深いなぁ。
中央と地方の関係、それは地方内でも起きることで、結局、構造的に同じだってことなのかも。
歴史は相対化や違った視点からの考察をしないと独善的になります。政治的主張や善悪ではなくて、いかに幅広いものの見方が出来るかが大切です。

 那覇中心の視点問い直す(沖縄タイムス)
「私たち『沖縄のマスコミ』はヤマトに対して沖縄の立場を主張しているが、沖縄の中では…。那覇中心の価値観を地方に押し付けてはいないか。地方の歴史や人々の心の揺れを丁寧にすくっているか。常に自分に問おうと思った」
「首里城には怨念を感じる」
>「琉球処分を、首里の人たちが特権を失った出来事としか書かない。人頭税に苦しめられた宮古、八重山の人たちは、職業と移動の自由を手に入れたんだ」

あら沖縄タイムス珍しいこと
書いたのは沖縄出身の記者のようだけど
首里に生まれ、首里で育ち‥

今でも首里に暮らす私としては心に留めておきたい記事。

歴史認識は難しいけれども‥

教訓として学び、活かす事が大切な事だと思う。

けして、都合良く解釈してはならない。

同じ過ちを繰り返さない為に。
タイムスはときどき面白い(俯瞰的な)記事をあげる。比較的自由な社風であることをうかがわせる。👍
怨念⁉︎ただならぬな、怖い話か!と思ったらまぁまぁいい話に仕上がっていた(昔は人頭税の事も書いてたよね昔はね)
そう、ただの「復元」ではだめなのだ。今こそ知恵を凝らし、どの時代のどの地域の人々がどう誇りを持てるものにするのかを徹底して議論すべきだ。

「首里城には怨念を感じる」離島から見た首里の姿 より
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR