TOP > 科学・学問 > 沖縄周辺のサンゴ 雲つくって暑さしのぐ知恵を発見 温暖化に適応か | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

沖縄周辺のサンゴ 雲つくって暑さしのぐ知恵を発見 温暖化に適応か | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

11コメント 2020-10-16 11:12  沖縄タイムス

 沖縄の周辺海域にも多く生息するミドリイシ属サンゴが、雲を形成して日陰を作ることで今よりも暑い地球環境を生き抜いてきた可能性があることが分かった。東京大学や恩納村の沖縄科学技術大学院大学(OIST)な...

ツイッターのコメント(11)

サンゴさん最強説😀

サンゴ「暑いンだわ☀」

サンゴ「雲つくってやったぞ!」

サンゴ「涼しくなったんだわ」
ジオエンジニアリングの「人工的降雨」との関連が気になります。著者が意識されていたかどうか分かりませんが・・・。
「雲を作る仕組みが備わっていることに驚いたが、本当に雲を作ってきたのかはまだ証明できない。ただ現在より過酷な地球環境を生き延びたのは事実で、謎を解き明かしたい」

| 沖縄タイムス+
生き物が雲を作ったかも
しれない可能性、と。
世界は本当に広いなー。
知らない事がまだまだある
頑張れ、沖縄のサンゴ!

>沖縄の周辺海域にも多く生息するミドリイシ属サンゴが、雲を形成して日陰を作ることで今よりも暑い地球環境を生き抜いてきた可能性があることが分かった。
ミズゴケやプランクトンからも生成される硫化ジメチルが大気中で凝結核となるのね.自分で雲を形成するミドリイシ属サンゴすごい😳
すばらしい。繊細な生き物というだけじゃないね、サンゴ礁。
今日のタイムスに載ってて、へぇぇぇぇ!!ってなりましたΣ(・ω・ノ)ノ!
サンゴが雲を作れる!?😳☁️

化合物を生成しそれが大気中に放出されると、水蒸気を集めて水滴や氷の粒となり雲の形成を助ける働きをする。
サンゴが、形成した雲で日光を遮断し、現在よりも温暖な時代を生き延びた可能性を指摘。

 雲作って暑さしのぐ知恵
「雲を作る仕組みが備わっていることに驚いたが、本当に雲を作ってきたのかはまだ証明できない。ただ現在より過酷な地球環境を生き延びたのは事実で、謎を解き明かしたい」

 温暖化に適応か|沖縄タイムス
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR