オスプレイ機体整備中に燃料漏れ1000リットル 米軍、通報せず隠蔽図る 2018年沖縄で | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 【ジョン・ミッチェル特約通信員】米海兵隊普天間飛行場で2018年1月12日、オスプレイから燃料約千リットル(ドラム缶5本分)が地下の排水溝に流出する事故が起きていたことが15日までに分かった。機体の...

ツイッターのコメント(23)

"在日米海兵隊の環境事故対策ハンドブックには「政治的に注意を要する事故」は、日本側に通報しないように命じている"

そして政治的に注意を要しない事故は存在しない但し事故の発生が住民にとって明らかである場合は政治的に注意しつつ情報またはそれに代わるものを提供する
あからさまな。「米国情報公開法で入手した在日米海兵隊の環境事故対策ハンドブックには「政治的に注意を要する事故」は、日本側に通報しないように命じていることが、明らかになっている」

 2018年沖縄
日米地位協定で米軍への特権的地位が定められています。この地位にあぐらをかいている現状にモノを言わない外交があるとすれば、あまりに卑屈ではないでしょうか。 沖縄タイムス+プラス:
ジョン・ミッチェル特派員:
「人為的ミス」による別の9500リットル流出事故も明らかに
3/16(月) 8:40配信
沖縄タイムス
「米軍は事故を隠蔽(いんぺい)しようと試みていた」

 ニュース | 沖縄タイムス+プラス
オスプレイ機体整備中に
燃料漏れ1000リットル 
 
2018年沖縄で

| 沖縄タイムス+プラス ニュース |
普天間飛行場で2018年、オスプレイから燃料約千リットルが地下に流出する事故が起きていたことが明らかとなった。沖縄タイムス紙が米国情報公開法で事故報告書を入手した。米軍は日本側に事故を通報せず、隠蔽を図った模様だ。沖縄にとって米軍こそ一番の「脅威」なのでは?
マジで、米軍、迷惑をかけすぎやろ
 
PR
PR