TOP > 政治・経済 > 「定員内不合格」の解消を 参院で訴え れいわの舩後議員 不合格者の家族との約束果たす | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

「定員内不合格」の解消を 参院で訴え れいわの舩後議員 不合格者の家族との約束果たす | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

17コメント 登録日時:2019-11-27 12:12 | 沖縄タイムスキャッシュ

 【東京】舩後(ふなご)靖彦参院議員(れいわ新選組)が26日、参院文教科学委員会で、公立高校で定員に空きがあっても不合格となる「定員内不合格」をなくすよう萩生田光一文部科学相に求めた。...

ツイッターのコメント(17)

そもそも義務教育でない以上、選抜理由に文句は言えないくないですか?障がいを持った子にスポットを当てた意見は言われますが、普通に学びにきている子の学ぶ権利は無視されますよね!特支の何が不満なんですかね!
@Zsv58WzxyyWq8NF これだって本当なら彼がすべきだった事でしょう。
舩後さんじゃない。
舩後さんには議員になったからには頑張って欲しいと思うけど、彼に対しては全く思いません。
国政復帰なんてとんでもない。
彼だからこそ、一般に知られてない問題点をどんどん浮き彫りできる。すごいよなぁ。
んー船後議員はマシみたいな話もあったけど、こんなクレーマーのような主張では…………
さすがに、授業についていく能力がないのに合格させろというのは無理があるのではないか。
不合格者の家族との約束果たす(沖縄タイムス)
これは、本当に重要…
こういう事を大事に考えないから、切り捨てられる社会になる…
逆に言えば、こういう事を大事にする事で世の中の不平不満が解決すると思う…
そうか、障害があると定員内でも不合格になるのか…。確かにそんな言葉があることをそもそも知らなかった。
障害を持つ国会議員二人は、希望する厚生労働委員会に配属されなかった。でも、結果的には配属された国土交通委員会や文部科学委員会で、社会的排除の問題をガッツリ指摘してくれている。インクルーシブ社会の実現に向け、実は良い差配だったのかもしれない。
定員割れであろうがなかろうが、基準に達しない者が不合格になるのは当然です。自由とか平等を履き違えちゃいけません。
1ヶ月も立っていないかな?

国会で‼️
>重度の知的障がいがあり県立高校を2度定員内不合格
定員内でも水準に満たなかったの??
学校受け入れられるの?
 ニュース | 沖縄タイム @theokinawatimes
人は自らの幸せの追求のため生きているが、幸せを感じられない子どもがいる。99%の生徒が行く高校から排除されている子どもたちだ

稼げる、稼げない。そう言う価値観が生み出した差別や偏見。

当事者が語るから説得力がある。
なかなか難しい。学力という選抜方法は、その高校の目標等からして特に問題はない。「インクルーシブな社会づくりに反する」という視点は、各高校及び教員に障碍者に対する対応能力が著しく欠けているのが原因。「何かあったら困る」というのが真相では?😅
点数が足りてて不合格なら問題
点数足りないのに定員内なら合格にしろは我儘
健常者と障害者を同じように扱うのも難しいだろ
2019年11月27日 09:18
れいわ新選組 インクルーシブ教育 定員内不合格
舩後氏のメッセージ「人は自らの幸せの追求のため生きているが、幸せを感じられない子どもがいる。99%の生徒が行く高校から排除されている子どもたちだ」!
以上

記事本文: 「定員内不合格」の解消を 参院で訴え れいわの舩後議員 不合格者の家族との約束果たす | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

いま話題の記事