TOP > 社会 > 悲願の観光客1000万人、すでに達成していた 沖縄県の確認体制に隙 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

悲願の観光客1000万人、すでに達成していた 沖縄県の確認体制に隙 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

11コメント 登録日時:2019-11-13 06:43 | 沖縄タイムスキャッシュ

 沖縄県が4月に999万9千人と発表していた2018年度の観光客数が、大台の1千万人を超えていたことが12日までに分かった。全日本空輸(ANA)が18年7月14日から同年8月31日まで運航していた伊丹(大阪)―石垣線の乗客6240人分が、同社から県へ報告漏れとなっていた。...

ツイッターのコメント(11)

沖縄のこういうところ嫌いじゃない。

悲願の観光客1000万人、すでに達成していた 沖縄県の確認体制に隙 |  ニュース | 沖縄タイムス+プラス
‼️全日本空輸(ANA)が18年7月14日から同年8月31日まで運航していた伊丹(大阪)―石垣線の乗客6240人分が、同社から県へ報告漏れとなっていた‼️

 臨時便乗客の報告漏れで…(沖縄タイムス)
観光客多すぎ
(´・ω・`)
地元の人間がゆったり生活できない。
観光客1000万人達成と発表

調べたら、ギリギリ達成していなかったと訂正

よく調べたら、実は達成していたと訂正 👈今ココ
:米軍居なくなれば最も発展出来る琉球‼️独立が近道か⁉️
7時なぅ。
悲願だと思ってるのは、質より量(数字)に拘る役人と一部の観光業者くらぃで、大半はメーヮクと感じてそぅな('A`)

| 沖縄タイムス
統計ミス。一部路線を計上していなかったようですね。
1000万人‼️それだけに首里城はイタい
"2018年度の観光客数が、大台の1千万人を超えていた"という。
以上

記事本文: 悲願の観光客1000万人、すでに達成していた 沖縄県の確認体制に隙 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

関連記事