TOP > 社会 > 首里城の正殿内カメラ、火災検知の直前に電源が落ちていた | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

首里城の正殿内カメラ、火災検知の直前に電源が落ちていた | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

13コメント 登録日時:2019-11-05 18:16 | 沖縄タイムスキャッシュ

 那覇市の首里城火災で、火元とみられる正殿内にある防犯カメラの電源が、火災検知センサーの反応する直前に落ちていたことが4日、関係者への取材で分かった。電気系統に漏電やショートなどの不具合が起きた可能性もあるとみて、県警や消防が火災との関連を調べている。...

ツイッターのコメント(13)

事前の点検などで電気系統に異常はなかった。しかし、分電盤が焼け、火災直前には電源が落ちていた。

これ、蛇が分電盤に侵入してショートさせたのでは?
思った通り。これは特亜のテロ行為
怪しい と思っても不思議ではないタイミングだね。
電源が落ちていたのに警告のベルが鳴ってない?誰でも出入りできた?
これ放火の疑惑拭えないなぁ😅
放火の可能性は⁉



10月の点検でも異常は確認されなかった。正殿では夜間、機械警備と防犯カメラ7台に供給する以外の全電源は落とした状態にしており、火災発生直前も同様の対応を取ったという。
怪しいな…火災が起きてからケーブルが焼かれ映らなくなるならまだしも先に落ちるとは。契約電力も大きいだろうし国に資料があればブレーカーなどの仕様や当日の使用電力も判明するだろう。金属のボックスに入っていればトラッキング火災だとしてもこんなに燃えるか?謎。
結局火元の原因は何なのか?
再建はするだろうが、次は「なんくるないさー!」で済まさず、後悔しないように、不燃材料(コンクリート)で作る事も含めて、キチンと管理・防火訓練と共に作り上げるべきだ。出来なければ、管理を文化庁、国に任せるべき。

電気系統に漏電やショートなどの不具合が起きた可能性もあるとみて、県警や消防が火災との関連を調べている。

最初から怪しいがますます怪しくなってきました😤
不思議な現象ですね
火災感知の前に電源が落ちる?
何だろう?手際よく何かが行われたかのような感じ……

何らかのベクトルがかかっていると思うのは気のせいかしら?
沖縄タイムズが報じると、勘ぐってしまう。
以上

記事本文: 首里城の正殿内カメラ、火災検知の直前に電源が落ちていた | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

関連記事