TOP > 政治・経済 > れいわの山本太郎代表「候補者出したい」でも「センシティブだ」 次期衆院選の沖縄選挙区で  | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

れいわの山本太郎代表「候補者出したい」でも「センシティブだ」 次期衆院選の沖縄選挙区で  | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

14コメント 登録日時:2019-11-03 10:16 | 沖縄タイムスキャッシュ

 れいわ新選組の山本太郎代表は2日、次期衆院選で沖縄選挙区から独自候補を擁立する必要性に言及した。那覇市内で開いた街頭演説会後、記者団の質問に答えた。 山本氏は独自候補を擁立するか問われ「候補者を出したい気持ちはある。各選挙区は特定政党のテリトリーではない」と述べた。...

ツイッターのコメント(14)

有権者が当事者意識が持てるのは消費税5%減税というのは、世論調査の結果と矛盾。

「選挙や県民投票で結果は出ている。辺野古を止めるには政権交代しかない」と訴えた。政権交代には有権者が当事者意識を持てる消費税の5%への減税などを掲げる必要があるとした。
「山本太郎代表は2日、次期衆院選で沖縄選挙区から独自候補を擁立する必要性に言及した。那覇市内で開いた街頭演説会後、記者団の質問に答えた」

 次期衆院選の沖縄選挙区で(沖縄タイムス)11/3
**民主党とやらは叩き潰す!
膿を出して捨て去る。(特に立民)
しかる後に再生が始まる。
既得権益擁護者は要らない。切り捨てよ!
山本太郎「選挙や県民投票で結果は出ている。辺野古を止めるには政権交代しかない」←その通り

山本太郎「政権交代には消費税減税を掲げる必要がある」←なぜそうなる

山本太郎は何にでも消費税減税を絡めて台無しにする天才だな
沖縄タイムスありがとう‼️

 (沖縄タイムス)
沖縄の反戦・反基地の議席はただの政党の棲みわけの結果ではなく、長く壮大な沖縄大衆運動史の結晶だ。沖縄で信頼を得たいなら、まず旗を立てて大衆運動の一員として始めればいい。
◆ 『県内で野党共闘が機能していることを踏まえ「沖縄で独自候補者を立てるのはかなりセンシティブ(微妙)だ。決定事項ではない」とも述べた。 』

これから、各政党の
支持母体を形成している
ひとが、がっつり
減っていく。
特に、労働組合メインの野党は。
そして、投票率は低下する。
そんな中、今から
候補者出しておけば
絶対に有利になるのに。
山本(呼び捨てに切り替え)、沖縄県民を舐めすぎだろ
センシティブとかで片付けられる問題じゃない、候補者をたてたいならまずはオール沖縄会議に参加して自分の考えを伝えろ
4区でなら認められるかもしれないから

1-3でたてるとかいいだしたら維新と同じ扱いにします
自分自身が当選しない限り、
何の説得力も持たないも思い
ます。
以上

記事本文: れいわの山本太郎代表「候補者出したい」でも「センシティブだ」 次期衆院選の沖縄選挙区で  | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

関連記事