TOP > 社会 > 沖縄女性の入れ墨「ハジチ」禁止令から今年で120年 法令で「憧れ」が「恥」に変わった歴史【WEB限定】 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

沖縄女性の入れ墨「ハジチ」禁止令から今年で120年 法令で「憧れ」が「恥」に変わった歴史【WEB限定】 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

17コメント 2019-08-26 18:55  沖縄タイムス

 沖縄にはかつて、女性が手に入れ墨を彫る「ハジチ」の文化があった。1899年、日本政府が入れ墨を禁止したことで、ハジチは「憧れ」から「排除」の対象に変わった歴史がある。禁止されてから今年で120年。専...

ツイッターのコメント(17)

風俗というのは「風」である。そのときそのときで強さが変わり、方向も動く。歴史という大河に比べると流れは小さく小刻みだが、水面に波紋をたてることもある。
日本の刺青の歴史は北海道だけではなく沖縄も。10月から沖縄で「沖縄のハジチ、台湾原住民族のタトゥー」企画展。「沖縄と台湾の歴史と今から、現代日本のあり方を考えたいと思っています」
価値観とは。。
知らなかった。沖縄にも台湾にもそういう文化あったんだね
では奄美に流された西郷の現地妻だった二階堂ふみ演じる愛加那がハジチを入れていたな。

沖縄女性の入れ墨「ハジチ」禁止令から今年で120年 法令で「憧れ」が「恥」に変わった歴史【WEB限定】
島にも似たような風習があったらしい。
「インタビューでも、『前はすごくきれいな風に見えたけど、今はものすごくきたないね』という言葉がありました。制度によって、価値観がガラリと変わってしまいました」
なぜ写真に着色してしまったんだ

沖縄女性の入れ墨「ハジチ」禁止令から今年で120年 法令で「憧れ」が「恥」に変わった歴史【WEB限定】 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
刺青が差別の対象になるのは変なのと同時に、染料に毒性はないかとか、伝統なら纏足やお歯黒も復活させるべきか等、論点いろいろ。-沖縄女性の入れ墨「ハジチ」禁止令から今年で120年 法令で「憧れ」が「恥」に変わった歴史(沖縄タイムス)
「急ピッチで準備を進めているところで、企画展のクラウドファンディングも募集しています。ぜひ、力を貸してください。」 ⇒
入れ墨を女性に反強制する悪習を止めさせた明治日本政府は正しかった。
沖縄県の女性の地位向上に努めていた証拠である。
興味深い記事ですね。記事で書かれているように台湾の先住民族には入れ墨文化があるし、そもそも環太平洋のカルチャーなんだと思う。ラグビーのオールブラックスもマオリの人は入れ墨で分かる。
奄美にもハヅキ(女性の手の甲の刺青)があったことをまるっと無視してるかそもそも知らない
そんな「首里史観」な部分が大嫌いです。
80年代になくなった私のひいおばあちゃんも、入れてたと思うんだけど…
まだ、数少ないけどハジチの入ったオバァが生きてるんじゃないかな?
現代の若い子は間違った解釈をしてるけど、本来、婚姻者の証なんだよね
「ハジチをしている知り合いや生き証人がいないということは、歴史的な生々しさがない状態です。模様をロマンチックに思うかもしれない。差別の話も冷静に受け入れ、考えられるかもしれない。フラットな状況で、もう一度、沖縄のことを見つめ直したいんです」
そういや大学でハジチのことについて勉強したなあ〜って思ったら、まさかの山本先生ご本人だった!山本先生の講義、好きだったなあ。講義中に虫食べたりとか。屠殺の映像みたりとか。しばらくはお肉食べられなかったけど。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR