TOP > 社会 > 自民党県連が会見で沖縄タイムスの報道に抗議 識者、報道圧力と指摘 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

自民党県連が会見で沖縄タイムスの報道に抗議 識者、報道圧力と指摘 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 自民党県連(中川京貴会長)は24日、記者会見を開き、21日に投開票された参院選に関する本紙報道の一部に事実誤認があるとして抗議し、訂正を求めた。また、出席した報道各社に対し、取材を受けた人物名を記事に明記するよう求めるなど、情報源の開示を要求した。...

ツイッターのコメント(29)

自民党沖縄県連は取材を受けた議員名を記事に入れろとか、一部の個人的な意見を掲載するなとか要求してるそうで。
こうした嫌がらせ・圧力による報道の抑え込み妄動に屈しないで!
メディアに執拗な抗議を行い、報道スタンスを変えさせるのが、最近の自民党のやり方
わおわお。そういうことやってるから、不信や不評を買うのではないか。自民党沖縄県連てなかなかだな。
■①「辺野古とカネ」について御見解を 【 識者、報道圧力と指摘】( )/《情報源の開示を要求した。特定の報道機関の報道内容に、政党が多数のメディアを対象に会見を開いて抗議するのは極めて異例。識者は「意に沿わない…」》
劣化激しい沖縄自民県連、事実誤認とした報道に関し情報源の開示を要求。安倍政権の劣化コピー、情けない。
「自民党県連の姿勢に専修大の山田健太教授は『読者に有益な情報であれば匿名でも報じるべき。それは報道機関が判断すること』と報道への不当な介入に当たる可能性に言及。記者団からは『報道への圧力ではないか』『各社を呼んで会見を開く妥当性はあるのか』などの指摘が」
メディアがちゃんと機能しているのは沖縄くらいか。それにしても政治業者はクズのようだ
選挙の後の記事に対して、大騒ぎ。大人げない。自民県連も質が落ちたな。
自民党沖縄県連に抗議した「報道機関への圧力ではないか」「情報源の秘匿は報道の原則である」と言ったら一方的にまくし立ててガチャ切りされた 恐らく議員だろう 本土の沖縄活動家は抗議電話入れよう すぐ動こう 自民党沖縄県連098-868-0040
「けしからん内容は県民や国民には知らせるな… 」

まるで第二次大戦中と同じ考え方…

これが今の日本…
まあ、圧力だと思うよ。複数から裏も取ったんでしょう?録音じゃないと認めないというと、何も報道できない。----
捏造ばれそうになったら逆ギレすればいい。

圧力だ!弾圧だ!

って言えばお仲間が裏付けなしに庇ってくれるもんね。
情報源開示とか馬鹿かこいつら、
ヤカラのイチャモンレベル
特定の報道機関の報道内容に、政党が多数のメディアを対象に会見を開いて抗議するのは極めて異例
2019年7月25日 04:50 沖縄タイムス


★安倍政権による報道規制が沖縄でも進行中!
特定の報道機関の報道内容に、政党が多数のメディアを対象に会見を開いて抗議するのは極めて異例。識者は「意に沿わない報道を制止させるものだ」として、報道機関への圧力だと指摘した。
自民党沖縄県連が記者会見し、公認候補の参院選敗北をめぐる沖縄タイムスの記事を批判した。しかし、記事は人選や戦術に対する陣営内部の不満や嘆きを聞き取ったもので、誤りはない。不都合な事実は、報じたメディアに圧力をかけても消えない。事実の方に向き合うべきだ。
事実誤認は抗議しても良いんだよな?まさかそれまで報道圧力とか言うつもりじゃないだろうな?
捏造報道の権利を侵害するなってか。あとよく出る「関係者」が存在するかどうかも怪しいので、基本信憑性ゼロでしょ…
@theokinawatimes ニュースソースを出せばいいじゃん
なんでできないの?
早くまともな組織と人材にならないかなあ。
〈県連が誤認だとするのは、23日付の本紙記事中の「もう、公認を取り消してもいいんじゃないか」との県議の発言。(略)中川氏は「議員総会ではその話は出ていない」と述べた。しかし、本紙は議員総会後、複数の県議から発言を確認している〉
タイムスに速攻反論されてる。
沖縄タイムスは、百田尚樹 作家(当時)と自民党から「 潰さねばならない 」と敵視されてきました。
従って自民党関係の記事を出稿する際は、慎重の上にも慎重だったはずです。
取材源明かしたら党内で圧力かけられるだろうが。県連執行部の暴走止める人いないの?
自分達に都合の悪い報道はさせないという、吉本やジャニーズと大して変わらない事を自民党は当たり前にやっているという大問題→
→自分たちに不都合な真実を報道されると、表現の自由を弾圧と思われるよね。
専修大の山田健太教授は「読者に有益な情報であれば匿名でも報じるべきで、それは報道機関が判断することだ」記者団からは「報道への圧力ではないか」「各社を呼んで会見を開く妥当性はあるのか」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR