TOP > 社会 > 普天間飛行場2028年まで使用 名護市辺野古の新基地遅れ想定 米海兵隊計画 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

普天間飛行場2028年まで使用 名護市辺野古の新基地遅れ想定 米海兵隊計画 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

27コメント 2019-04-09 10:05  沖縄タイムス

 【平安名純代・米国特約記者】米海兵隊は米軍普天間飛行場を2028米会計年度(2027年10月~28年9月)まで継続使用するスケジュールを、「2019米海兵隊航空計画」に記述していることが8日までに分...

ツイッターのコメント(27)

オスプレイやなくて、コスプレイを配置しろ。ただし、敵を惑わすだけでなく、味方をも腰砕けにする。
普天間基地の固定化は既成事実。沖縄の経済も平和も安全もどっかへ行ってしまったよ。普天間基地も辺野古新基地もいらん!
それ以前に返還出来る筈だ。
米海兵隊は米軍普天間飛行場を2028米会計年度(2027年10月~28年9月)まで継続使用するスケジュールが「2019米海兵隊航空計画」に記述。
「同航空計画からは、名護市辺野古の新基地建設に伴う施設建設計画が削除されている」
「普天間危険除去」に「辺野古基地建設」
安倍内閣の「都合・一方的」な「真っ赤な嘘」
「騙されない」でください
辺野古:完成しても、滑走路が短く
「有事」に利用出来ない
 稲田防衛大臣が国会答弁より
米軍側の見解:3000M級飛行場の確保が「普天間」返還の条件だ
普天間が返ってくるから、辺野古を勧めたい、というのは、安倍首相の妄想ですね。
建設業界にお土産があげたいのでしょうね。

|
「『2019米海兵隊航空計画』に記述」「同航空計画からは、名護市辺野古の新基地建設に伴う施設建設計画が削除されている」
13年の日米合意で「22年度またはその後」とされた普天間の返還時期が、「28年まで使用継続」に。散々「普天間返還は先送り出来ない」と言いながら、結局、先送り…
@jimin_koho @Tanaka_Kei @shimajiriaiko この件については、いかがお考えでしょうか?
何が普天間返還だよ。延長してまた延長するのか。
辺野古新基地、この点から見ても明らかにいらない。
いい加減、意味のない基地建設辞めろ。
もぉーー💢結局こんな💢
なんなら辺野古以外の方がもっと早く移設できるだろ😡 @theokinawatimes
「名護市辺野古の新基地に伴う施設建設計画が削除されている。」

よし、中止ね!

それにしても、手のひらの上な感じ酷いな。
普天間も辺野古も沖縄のものなのに。
安倍首相は、「これ以上先送りすることはできない」と主張して、辺野古の埋め立てを強行している。そこまでするのならば、普天間の返還時期の見通しや思惑ぐらいは説明すべきだ。

 米海兵隊計画(沖縄タイムス)
まぁ、今の状況じゃあ、辺野古を計画から外すのは冷静というか、当然の対応だわね。
辺野古新基地遅れ想定 米海兵隊計画 米海兵隊は普天間飛行場を2028米会計年度まで継続使用するスケジュールを「2019米海兵隊航空計画」に記述していることが分かった。航空計画からは辺野古新基地建設に伴う施設建設計画が削除されている
引用:米海兵隊は米軍普天間飛行場を2028米会計年度(2027年10月~28年9月)まで継続使用するスケジュールを「2019米海兵隊航空計画」に記述していることが8日までに分かった。名護市辺野古の新基地建設の遅れを見込み、普天間の使用長期化を(続
安倍さん、お約束はどーなったの??

米海兵隊は米軍普天間飛行場を2028米会計年度(2027年10月~28年9月)まで継続使用するスケジュールを、「2019米海兵隊航空計画」に記述していることが8日までに分かった。
防衛省経由での安倍の圧力だろうな。「わかりました、そういうことなら軟弱地盤でも強引に埋め立ててください」ってなるかいな!醜悪至極。◆ 米海兵隊計画(沖縄タイムス)
米海兵隊は普天間飛行場を2028米会計年度(2027年10月~28年9月)まで継続使用するスケジュールを「2019米海兵隊航空計画」に記述。辺野古の新基地建設の遅れを見込み普天間の使用長期化を想定。また同航空計画からは辺野古の新基地建設に伴う施設建設計画が削除されている。
平安名さんの記事
また、普天間の使用の見通しについて、日米両政府は明らかにしていないが、これまでの本紙の取材で、米軍幹部が複数の米連邦議員に28年度ごろまでの使用継続の見通しを伝えていたことが分かっている。
そりゃあ辺野古の工事が終わるまで移転は無理でしょう。工事開始を遅らせた原因は移転反対派にある。→
沖縄県民と海兵隊は辺野古ではないとの意思。

しかし日本政府と本土国民はなぜか辺野古をすすめる。
工費も工期も見通しがつかぬまま税金投入。
「 | 沖縄タイムス」

《米海兵隊は米軍普天間飛行場を2028米会計年度 (2027年10月~28年9月) まで継続使用するスケジュールを、「2019米海兵隊航空計画」に記述していることが →》
"米海兵隊が、米軍普天間飛行場を2027~28年まで継続使用するスケジュールを「航空計画」に記述していることが8日までに分かった。辺野古の新基地建設の遅れを見込み、普天間の使用長期化を想定しているとみられる。"
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR