TOP > 社会 > 辺野古抗議市民の撮影目的は「挑発への対抗」 警備会社の監視リスト | 沖縄タイムス+プラス プレミアム | 沖縄タイムス+プラス

辺野古抗議市民の撮影目的は「挑発への対抗」 警備会社の監視リスト | 沖縄タイムス+プラス プレミアム | 沖縄タイムス+プラス

11コメント 登録日時:2019-02-24 08:17 | 沖縄タイムスキャッシュ

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴う海上警備業務の受託警備会社が抗議市民の顔写真入り監視リストを作っていた問題で、警備会社が反対運動について「挑発」「陽動」「デッチ上げ行為」などがあると表現し、それらへの「対抗手段」として市民を撮影していたことが22日、分かった。...

ツイッターのコメント(11)

…反対派の「“武勇伝”の数々」を知ったら、まず反対派への同情心は沸かない(汗)。> | 沖縄タイムス+プラス プレミアム | 沖縄タイムス+プラス
警備会社が反対運動について「挑発」「陽動」「デッチ上げ行為」などがあると表現し、それらへの「対抗手段」として市民を撮影していたことが22日、分かった。2015年6月の警備計画書に「撮影目的」として記して提出し、沖縄防衛局も承諾していた。
警備会社にも、これらの文章の意味を説明してもらう必要があるだろう…違法行為を行った可能性が高いのだから。
世間の企業は違法の疑義がかかれば、記者会見している。

 警備会社の監視リスト(沖縄タイムス)
ごと、消えてなくなれ。
どこまで、沖縄県民、日本国民を愚弄すれば気が済むのだ。安倍自民党は。腐れ果てている。
"撮影目的について「反対・妨害活動での挑発、陽動や加害演出を記録し、警備に不法・不正・不良行為がないことを立証する」と記され、かっこ書きで「反対活動者によるデッチ上げ行為に対する対抗手段」と付け加えている。"
警備計画書を提出した警備会社って、もしかしてトップがネトウヨだったりするのか?反対派が悪さをする集団とでも言いたげな内容がそう思わせる。
その抗議市民?が無理矢理暴力で警官らの顔写真を撮ってる事は問題じゃないのかね?警備会社がリストまで作って監視してるなんて、それ相当の理由があると思うのだが?警備会社だって自己防衛は必要だよ。

辺野古抗議市民の撮影目的は「挑発への対抗」
「挑発」「陽動」「デッチ上げ行為」については、確かに毎日のように沖縄県警によって行われているが、何か? それが個人監視の言い訳になるとでも?

辺野古抗議市民の撮影目的は「挑発への対抗」 沖縄タイムス
警備業法違反。→
極左暴力集団から身を守るためです‼︎
以上

記事本文: 辺野古抗議市民の撮影目的は「挑発への対抗」 警備会社の監視リスト | 沖縄タイムス+プラス プレミアム | 沖縄タイムス+プラス

いま話題の記事