TOP > 社会 > 首相、辺野古・大浦湾側の軟弱地盤認める 工期や費用「提示は困難」 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

首相、辺野古・大浦湾側の軟弱地盤認める 工期や費用「提示は困難」 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 【東京】名護市辺野古の新基地建設を巡り、安倍晋三首相は30日の衆院代表質問で、埋め立て予定海域北側の大浦湾が軟弱地盤で、地盤改良が必要であることを政府として初めて認めた。軟弱地盤の存在は2016年から指摘されていたが、追加の地質調査を実施しているとして、公式には認めていなかった。...

ツイッターのコメント(13)

2019年1月31日の記事
@nhk_ohayou 😾沖縄の海は破壊され続けているというのに…
2016年から指摘されていた軟弱地盤と、地盤改良が必要であることは、3年ひた隠したあげく、認めた。

設計変更については認めない。

工事を先に進めて既成事実化して強行する首相。
結局基地建設が出来ない!
この基地建設は税金の無駄遣いだったということだ!
工期や費用を提示できないものを無理やり強行してしまった安倍政権の罪は重い。中央政権による自治体への虐待。
〈軟弱地盤の存在は2016年から指摘されていたが、追加の地質調査を実施しているとして、公式には認めていなかった。〉
〈一方で、工期や費用については「確たることを申し上げることは困難」と述べるにとどめた。〉
> 「一般的で施工実績が豊富な工法により地盤改良工事を行う」
のに、工期や費用の提示が出来ない???
福島第一原発の凍土遮水壁みたいになっちゃいそうだな→
だいたい、本会議の代表質問で、辺野古新基地建設の工期や予算についての問いに「確たることは言えない」ってあり得ない。
「普天間飛行場の一日も早い危険性の除去」はウソ。
何の根拠もなく「大丈夫」と言い張る。これもデタラメ安倍話法のひとつ。→
「一般的で施工実績が豊富な工法」でやるらしいけど、工期も費用も工法も提示出来ないの?「一般的で施工実績が豊富な工法」なら出来るでしょ。

|
まず埋め立てをやめろ
工事の正当性の根拠がないことを認めた。正当性のない工事を中止せよ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR