TOP > 社会 > 県民投票の不参加、宜野湾市長が改めて表明 選択肢変更で再考示唆 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

県民投票の不参加、宜野湾市長が改めて表明 選択肢変更で再考示唆 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

11コメント 2019-01-11 09:04  沖縄タイムス

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票へ不参加を表明している宜野湾市の松川正則市長は10日に会見し、県の投票実施の勧告に対し、投票事務を実施しない方針を改めて表明した。松川市長は「県と市...

ツイッターのコメント(11)

>松川市長は「地方自治法にある事前協議がない」「知事、県職員の広報上の中立性がなく、条例違反」など三つの疑義を県に照会し、回答を得て会見に臨んだ。
>玉城デニー知事が辺野古を訪れたことなどに対し

正確には玉城知事が辺野古の違法テントを訪れて
反基地活動家と踊りはしゃいだってことね
本島中部の保守系議員は12月議会前に県民投票の予算審議について議論した。その際に保守系県議に県民投票への統一見解を示すよう求めたが、県議らが統一見解を示すことはなかった。国会議員の資料に市長への言及はない。否決が前提の専決処分をしなければ市長が全責任を負う。
松川市長「地方自治法にある事前協議がない」
県「事前協議の同意がなくても当該事務を処理する義務を負う」

県は「留意事項にある事前協議を行わなかった」を承認撤回の理由として上げていたよね。沖縄県では留意事項は地方自治法より上位なのか?
民意をなんだと思っているんだ!行政を舐めきっている!
「辺野古はノー」と「危険な普天間飛行場を除去」はイコールではない。宜野湾市にとっては深刻でしょう。今の状況では普天間がどこかへ行ってしまってる。やれ辺野古移設反対の署名とか、なにか問題が違う方向に行ってますよ!
質問の選択肢を増やしたら対応しなくはないよ、と言ってるのに強行するヒットラーデニー。いやはや。
県知事が辺野古に行って何が悪いんだか?
松川市長「地方自治法にある事前協議がない」

法律上の義務である事前協議がないなら問題。ないということで市町村の執行義務がなくなるかは微妙だが。
「自民候補者には、投票しちゃ駄目って事だよね⁉️」

権利を奪われる。🔥💢🔥💢🔥💢
信じられない事するな〜。
松川市長の3つめの疑義「普天間の危険性除去、早期返還、閉鎖についてはどう考えているか」に対する県の回答も気になる
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR