TOP > 社会 > 米軍嘉手納基地、北側滑走路閉鎖へ 普天間に離着陸増か 騒音激化に懸念も | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

米軍嘉手納基地、北側滑走路閉鎖へ 普天間に離着陸増か 騒音激化に懸念も | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

11コメント 2019-01-09 05:52  沖縄タイムス

 米空軍嘉手納基地の北側滑走路で8日、滑走路の設備工事が始まった。工事終了の3月まで北側滑走路は閉鎖されるとみられる。当面は南側滑走路1本のみで運用せざるをえず、米軍機の緊急着陸などで南側も一時閉鎖さ...

ツイッターのコメント(11)

日本に駐留する米軍の整理、縮小、統合、撤退を実現させ、独立国として自立自衛していくことが、国家の基本ではないか。
嘉手納は3,700m、普天間は2,700m、辺野古は1,800m の長さの滑走路。
辺野古に新基地ができても米軍は普天間を手放さないと思う。
嘉手納基地工事終了の3月まで北側滑走路が閉鎖。
当面は南側滑走路1本のみで運用せざるをえず、緊急着陸などで南側も一時閉鎖された場合は、他の機体が普天間飛行場や那覇空港にダイバート(目的地変更)するなど影響が。
また騒音集中増 に懸念も。
@theokinawatimes
嘉手納でも工事始まる!
"工事終了の3月まで北側滑走路は閉鎖されるとみられる。当面は南側滑走路1本のみで運用せざるをえず、米軍機の緊急着陸などで南側も一時閉鎖された場合、他の機体が普天間飛行場や那覇空港にダイバート(目的地変更)するなど影響が広がりそうだ。 "
ほんとに迷惑な基地
騒音激化に懸念も:沖縄タイムス
『南側滑走路に離着陸が集中するため騒音発生回数の増加も懸念される。本紙は米空軍第18航空団に事実関係を照会したが回答はなく、沖縄防衛局も「米側に確認中」と述べるにとどめた』
日米地位協定上は、日本のどの空港も使用できるから、那覇空港に着陸も十分あり得ますね。
「北側滑走路で8日、滑走路の設備工事が始まった。工事終了の3月まで北側滑走路は閉鎖されるとみられる」

 に離着陸増か 騒音激化に懸念も
当面は南側滑走路1本のみで運用せざるをえず、米軍機の緊急着陸などで南側も一時閉鎖された場合、他の機体が普天間飛行場や那覇空港にダイバート(目的地変更)するなど影響が広がりそうだ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR