TOP > 社会 > 「今でも憎い…」集団暴行で息子を亡くした母の叫び 命日にも来なくなった加害者 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

「今でも憎い…」集団暴行で息子を亡くした母の叫び 命日にも来なくなった加害者 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

33コメント 登録日時:2018-11-24 07:18 | 沖縄タイムスキャッシュ

 25日から始まる犯罪被害者週間を前に、被害者や遺族らへの支援を深めようと、沖縄県警などは21日、浦添市てだこホールで「犯罪被害者週間沖縄大会」を開いた。...

ツイッターのコメント(33)

「今でも憎い…」母の悲痛 息子を奪った集団暴行
被害者家族はいつまでも苦しまなければならないのが現実だ。
子どもが出来た加害者も?
加害者の子どもは将来なりたい仕事なりで現実を知ってしまうのか。
犯罪被害者週間
息子の命が奪われたら、と考えるだけで、妄想の中の加害者を殺してしまいたい気持ちになる。
加害者たちには、一生償えない罪であることに打ち震えながら、それが我が子を危険に晒す可能性もあると恐れながら、真摯に生きていってほしいと思います。。。
私刑にしましょ。ネットの力で。
加害者を頃すべきですね。
当事者でなければ同じような事件はたくさん起こるしやっぱりあの事件が何年前でどんな顔をした何くんが殺されたと思い出すのは困難になる
当事者はずっとその苦しみの渦中にいるから忘れられていくことへの悲しさもあるんだろうなと思った
私もその立場ならそう思うと思う。
確実に
被害者家族の心は傷ついて止まったまま。なのに人殺しをした加害者らは結婚して子供を持つ身に。おかしな社会。加害者を厳しく罰する少年法改正を。【
気持ちの整理がつかないんだろうな。ケジメがついてないんだろう。
被害者の人権より加害者の人権を優先する法律にも疑問を感じずにいられませんね。
日本は犯罪者に甘すぎる。
人を殺して妻子ができるとは驚きですね。少年法とはなんなのか考えてしまいますね。
人を殺して妻子がいるとは驚きですね。少年法とはなんなのか考えてしまいますね。
少年法なんてなくなればいいのに!!
当時14歳だった息子を亡くした母親が登壇し、「いまだに加害者を殺してやりたいという気持ちは変わらない」と悲痛な思いを訴えた。・・・そりゃそうだよ。〓
こういう被害者ばかりが泣き寝入りするような記事を読むたびに、どうしようもない怒りと悔しさと悲しみで苦しくなる。
この国はおかしい。

集団暴行で息子を亡くした母の叫び
これは仕方ない…殺してもいいと思う…ただし子供を持つ同じ親としては殺しても気は晴れないと思う自分の子が戻ってくるわけじゃないから…でも殺してもいいと思う
少年法ってなんだろね。
少年法、なんだろうね。
少年法を撤廃して仇討ちを認める法を作るべきなのだが、戦後日本は世界一犯罪者に優しい国になってしまった。
凶悪事件って、複数でやると罪悪感が薄くなるのかもしれない。加害者の中には、すでに子供がいる人もいるという、親御さんの言葉が重い。
加害者は全員、普通に暮らしていると聞きます。私の友達は、亡くなった男の子と、逆縁と生きるお母さんを思い、命日には手を合わせています。
「今でも憎い」集団暴行で息子を亡くした母の叫び 
【学校】って何だっけ⁉️
って話だな💧
刑期を終えるのと罪を償うのとは全くの別物。人様を不幸にし自分が幸せになるなど論外。反省などしていないのでは。
加害者の子供を殺したらわかるはず!
約束を守らなかった場合は成人してから氏名を公表して刑務所に収監するなど新しい決まりを作ってはどうか。
約束を守らない加害者達
命を奪っておいて自分は子供が出来ただって?
そんな人が子供を育てられるの?
加害者は謝罪文を書かない加害者に連絡して説得なりできるよね?
なんで2、3人になってんの?
どうでもいいと思ってるんでしょ?
加害者達は最低な人間だな
それでも2〜3人はいる事が救い。

母の気持ちはよく分かる。

あなたのお父さんは私の息子を殺したんだよと言ってやりたくなる。
実際には出来ないだろうけど。
「「命日には謝罪文を書く」「住所が変われば連絡する」ことを加害者と約束したが、書く人も少なく、命日に線香を上げに来る人も2、3人になったという。」
沖縄って怖いねえ。
刑の中に強制去勢不妊手術加えてほしいわ。
以上

記事本文: 「今でも憎い…」集団暴行で息子を亡くした母の叫び 命日にも来なくなった加害者 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス