TOP > 社会 > 「放送倫理に従う」 出演者が局に誓約書 差別的発言の地域FM番組 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

「放送倫理に従う」 出演者が局に誓約書 差別的発言の地域FM番組 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 沖縄市のコミュニティーFM「オキラジ」が「沖縄防衛情報局」という番組で出演者による差別的な発言を放送した問題で、出演者が「放送倫理にのっとった放送をする」との誓約書を、FMを運営する「沖縄ラジオ」に提出したことが27日分かった。同社が20日の沖縄タイムスの報道を受け、提出を求めたという。...

ツイッターのコメント(17)

@takeromantist まず、この件の話をしているんですよね。
【昨年の今日】「“放送倫理に従う”  差別的発言の地域FM番組」(沖縄タイムス170928)
↑我那覇真子がラジオ局から「デマを流すな」「差別をするな」と叱られたそうです。
社会面。放送枠って買えるのか。しばらくオキラジでは抑えめの内容にして、本来やりたい政治プロパガンダを宜野湾でやるのかな

| 沖縄タイムス+プラス
@theokinawatimes
事実がバレてきて沖タイも必死だねw
今更焦って圧力・嫌がらせをしても、沖タイの偏向報道がほじくり返されるだけww
「倫理」とかいう、ある種抽象的な問題ではなく、事実に反する虚偽報道に該当するという問題ではないか?
差別発言で問題視されていた地域FMの出演者は「これからは放送倫理に従う」という誓約書を放送局に提出したそうです(´∀`)
守らないよな。
オキラジの出演者らに対し
「放送法と放送倫理に基づいて従事する事」
「事実関係が確認された情報を基に放送する事」
「差別的発言や中傷、侮蔑的な表現をしないよう、最大限配慮する事」
など6項目にわたる「お願い」を通知。
>「オキラジ」が「沖縄防衛情報局」…で出演者による差別的な発言を放送した問題で、出演者が「放送倫理にのっとった放送をする」との誓約書を…提出したことが…分かった
“ 沖縄の地域FM番組 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス”
出演者が「放送倫理にのっとった放送をする」との誓約書を、FMを運営する「沖縄ラジオ」に提出
差別的発言の地域FM番組:沖縄タイムス
『誓約書は出演者で「琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表の我那覇真子氏が提出。「放送によって問題が生じた際は解決にあたる」との内容も含む』
誓約書は20日、出演者で「琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表の我那覇真子氏が提出した
「放送によって問題が生じた際は解決にあたる」との内容も含まれている
おおー、対応早い!

→地域FM「オキラジ」が番組「沖縄防衛情報局」内で差別的な発言を放送した問題で、出演者で「琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表の我那覇真子氏が「放送倫理にのっとった放送をする」との誓約書を提出
「放送倫理にのっとった放送をする」との誓約書は、出演者で「琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表の我那覇真子氏が提出した。「沖縄ラジオ」が提出を求めたという。
気に入らなければ差別と叫べばいい。息苦しい世の中ですな。
うぃーし!
やっぱわったー島ぬラジオやさ!
沖縄の地域FM番組 (沖縄タイムス) 沖縄市のコミュニティーFM「オキラジ」が「沖縄防衛情報局」という番組で出演者による
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR