[潮騒] 12月27日(日) - 大阪日日新聞

24コメント 2020-12-27 12:14 日本海新聞

ツイッターのコメント(24)

維新が、コロナ対策そっちのけで強行した住民投票。最終盤の松井市長の言いがかりが認定された格好。こんな勢力が、住民投票結果を踏みにじる「広域行政一元化」「大阪市を8総合区化」なんて許されない。
引用ーー自治体の幹部が報道機関に出した情報を首長が撤回させ、情報に基づく記事を誤報にできるのなら、首長の意に反する報道は成り立たなくなる。
毎日新聞218億円の記事は捏造ではありません。

あまりに大阪市廃止構想に都合が悪かったので捏造と言ってるだけです。

捏造というデマにご注意を。
捏造には当たらない
>自治体の幹部が報道機関に出した情報を首長が撤回させ、情報に基づく記事を誤報にできるのなら、首長の意に反する報道は成り立たなくなる。
大阪市の財産も自治も
市民の命もないがしろ
大阪市廃止住民投票を前に218億円という数字が話題に。市を単純に4分割し増える行政コスト理論値で、
◆試算は捏造・誤報でないことが明かに。が、自治体幹部が報道機関に出した情報を首長が撤回させ 誤報にできるなら、首長の意に反する報道は成立なく‥
潮騒
《試算自体は「間違っておらず、説明も尽くした上で提供している」と明確に捏造を否定した◆松井市長は「政令市を四つの自治体に分けた前例はないし、計算手法もないので捏造と言った」とするが、過去に前例や計算手法がない試算は珍しくない》
12月27日- 大阪日日新聞
《試算は捏造でも誤報でもないことが明らかになったが、自治体の幹部が報道機関に出した情報を首長が撤回させ、情報に基づく記事を誤報にできるのなら、首長の意に反する報道は成り立たなくなる》
「試算は捏造でも誤報でもないことが明らかになったが、自治体の幹部が報道機関に出した情報を首長が撤回させ、情報に基づく記事を誤報にできるのなら、首長の意に反する報道は成り立たなくなる」
>自治体の幹部が報道機関に出した情報を首長が撤回させ、情報に基づく記事を誤報にできるのなら、首長の意に反する報道は成り立たなくなる。

[潮騒]
都構想のコスト増218億円/年は、捏造ではない

大阪日日12/27:試算自体は「間違っておらず、説明も尽くした上で提供」と明確に捏造を否定…自治体の幹部が報道機関に出した情報を首長が撤回させ、情報に基づく記事を誤報にできるのなら、首長の意に反する報道は成り立たない
本文を読む:[潮騒] 12月27日(日) - 大阪日日新聞
 
PR
PR