TOP > 社会 > ソフトバンク「工藤・小久保・城島」体制で育成の新システム構想 さらなる常勝へ|【西日本スポーツ】

ソフトバンク「工藤・小久保・城島」体制で育成の新システム構想 さらなる常勝へ|【西日本スポーツ】

10コメント 2021-01-01 06:11  西日本新聞

さらなる「黄金時代」を求めてレジェンドがタッグ―。福岡ソフトバンクの城島健司球団会長付特別アドバイザー(44)が西...|西日本スポーツ(西スポ)は福岡ソフトバンクホークスを中心に最新情報を伝えるニュ...

ツイッターのコメント(10)

小久保のヘッド就任で、城島はどうなるのかと思ったが、フロントの城島、現場の小久保を両輪として育成する構想だったか。
これは楽しみ。
年始早々楽しみだな〜
ジョーの復帰は嬉しいよ

 さらなる常勝へ
此れが、上手く噛み合う時。
ホークスの常勝の歴史を、どの球団も止められない🎵。
南海ホークスの時代に構想はあったが、財政難で潰えた。
福岡で全てが完成直前。
中日だと立浪、井端、福留だよな。
阪神も構築して欲しいですね

 さらなる常勝へ
なんだか他みたいにセントラルキッチンで加工したチルド品を温め直して提供するレストランではなく、もう契約農家自体を持つ老舗の高級料亭みたいになってきましたな…
城島健司

「これまでと違うことをするのは、最初みんな否定的。でも誰かやらないと変わらない。小久保さんがいてくれることで野手についてはコミュニケーションが取れますし、潤滑にいい方向にいくと信じています」
「ビフォー」と「アフター」の二重チェックの結果をベースに、現場のニーズ、フロントの意見を重ねながら、どんな選手を獲得し、どう育てるか、どう実力を発揮させるかを「球団一体」で考えていく。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR