TOP > 社会 > 西武先発陣は課題山積み「しっかりしないと厳しい」西口コーチが設定したノルマとは|【西日本スポーツ】

西武先発陣は課題山積み「しっかりしないと厳しい」西口コーチが設定したノルマとは|【西日本スポーツ】

8コメント 2020-11-28 17:05  西日本新聞

西武の西口文也投手コーチ(48)が28日、巻き返しの鍵を握る先発陣に来春キャンプでの投げ込みを指令した。カーミニー...|西日本スポーツ(西スポ)は福岡ソフトバンクホークスを中心に最新情報を伝えるニュ...

ツイッターのコメント(8)

西武先発陣は課題山積み「しっかりしないと厳しい」西口コーチが設定したノルマとは 西口C「前(先発)がしっかりしないと厳しい。ある程度確立できれば十分上を狙える」
頑張ったリリーフ陣に比べて、先発はもの足りない😖
来季、リリーフに負担をかけないようにしてほしいよな。
体力もだけど、1番はコントロールだと思うんやが…
まぁ球数投げ込むことによって、コースだったり変化球の精度を上げていく感覚を掴むんだろうけど、フォームがダメな方が1名混じってるので彼はフォームと体幹から。
西武先発陣は課題山積み「しっかりしないと厳しい」西口コーチが設定したノルマとは(西日本スポーツ)
投手陣は心配してない
野手の課題の方が多いと思うけど
打たれるより打てない方がストレス溜まる💨
言いたいことは山ほどあるけど、こういう時の写真に、浜ちゃん採り上げられるようになってスゴイやん❗️(そこ?)
西武先発陣は課題山積み「しっかりしないと厳しい」西口コーチが設定したノルマとは


西口コーチは「何球とかは決めないけど、今年より球数を増やして、投げる体力をつけてほしい」と説明。来春キャンプでは4日間のクールなら3日間のブルペン入りをノルマに設定する。
なんか小野みたいな考え方だな
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR