TOP > 社会 > 巨人との差なのか ソフトバンク長谷川のヘッスラが持つ意味|【西日本スポーツ】

巨人との差なのか ソフトバンク長谷川のヘッスラが持つ意味|【西日本スポーツ】

15コメント 2020-11-25 06:17  西日本新聞

タカ番記者コラム「好球筆打」◆日本シリーズ第3戦ソフトバンク4-0巨人(24日、ペイペイドーム)偉業まで、あと1死...|西日本スポーツ(西スポ)は福岡ソフトバンクホークスを中心に最新情報を伝えるニュ...

ツイッターのコメント(15)

一生懸命な人はいつだってカッコいい
しかも、アウトのコールを受けるとその場に座り込んだまま、右手でグラウンドをたたいて悔しがっていた。勝っているチームのベテランが、だ。
一昨日のCS、ホークスのベテラン長谷川が6回代打で打ったあと懸命に走り、最後は一塁へ必死のヘッドスライディング!アウトのコールを受けるとグラウンドを叩いて悔しがった。勝っているチームのベテランがこの勝利への執念。1点への執着心がジャイアンツとは桁違いと感じた。
これは胸が熱くなったやつ
長谷川のヘッドスライディングと地面を叩いて悔しがる姿、めちゃめちゃカッコ良かった
長谷川選手のこの姿を見て、本当に感動しました。

継投ノーノーを逃したということで、

森選手が責任を感じてわざわざ謝罪の言葉を出したり…、

誰が見ても格が違いすぎる。。🙏
11/25 15:00 📣YahooNews総合39位にランクイン!



配信元:西日本スポーツ [11/25 12:00]
そんなに悔しいのか?と思いましたが、レギュラー争いも含めて常に戦いなのかな?
短期決戦において一つのアウト一本のヒットの重要性を知っている長谷川だからこそ出たあの姿こそがホークスの強さである 力のあるストレートに何の工夫もなく凡退する巨人は見習うべきだ!
「その場に座り込んだまま、右手でグラウンドをたたいて悔しがっていた。勝っているチームのベテランが、だ。勝利への執念。1点への執着心。」
ベテランの長谷川勇也が希薄の走塁 巨人に差をつけたソフトBの執念
それよりムーア交代はセオリーなのかもしれないが、偉大な記録への挑戦軽視は夢がないね、監督采配かんかが表舞台に出なくていいよ!(哀)…
長谷川めちゃくちゃカッコよかったよ
ソフトバンクと巨人との選手層の差はあるかもしれないがやはり勝ちへの執念の差だろうな
でなければこうも一方的にはならない
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR