TOP > 社会 > 「こんなに長引くとは…」軒先・在宅避難なお548世帯 熊本地震で被災の益城町 再建見通せず|【西日本新聞】

「こんなに長引くとは…」軒先・在宅避難なお548世帯 熊本地震で被災の益城町 再建見通せず|【西日本新聞】

2016年4月の熊本地震で2度の震度7に襲われた熊本県益城町で、現在も全半壊した自宅や軒先の倉庫などで暮らし、修......

ツイッターのコメント(12)

ついでだから御船町の今も(震災ゴロに牛耳られたつながり)
まだまだ辛い状況
まだこういうところがあるのね。
現無能政権の成果。
国、税金とは、なんだろう。

日本人とは、なんだろう。

平和とは、なんだろう。

愛とは、なんだろう。

今、島根県で地震がきてるね。

想定外!ではなく、すべては、想定内という意識が必要です。

西日本新聞より
国も県も町もなにをしてるの
軒先の倉庫や全半壊の自宅で寝泊まり…熊本地震2年 益城町548世帯「こんなに長引くとは」 熊本地震の影響ってまだ続いてたんだ...
なんか地元の中の地元だけに悲しい
熊本の復興も遅れている。
可能であれば、地元以外でのリノベーションなどが出来る建築業界が動いてくれて欲しい。
⬇︎⬇︎
軒先の倉庫や全半壊の自宅で寝泊まり…熊本地震2年 益城町548世帯「こんなに長引くとは」
オリンピックよりもっと先にやるべきことがあるのになぜ被災者は置いてきぼりにされなきゃいけないんだ?
この現実をもっとメディアは取り上げないと行けない。
以上
 

いま話題のニュース

PR