TOP > 社会 > 低価格のPCR検査装置を開発|【西日本新聞ニュース】

低価格のPCR検査装置を開発|【西日本新聞ニュース】

6コメント 2020-11-27 12:06  西日本新聞

島津製作所は27日、新型コロナウイルス感染の有無を調べる、低価格で全自動のPCR検査装置を開発し、販売を始めたと発...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・...

ツイッターのコメント(6)

とりあえずさ、今後のためにも、島津製作所の株を持っている議員や医療関係者など、人数だけでもいいので明らかにしてほしいね。どうもPCR抑制論者らと関わりそうでね。
低価格のPCR検査装置

京都の島津製作所から。
競合品は400万円近いが209万円で年3千台の販売を目指すとの事。
既存製品の部品を転用するなどして安く抑え、検体の前処理から測定までが自動化され、安定したデータが取得できる、との事。
『中小規模の医療機関や検疫所でも導入しやすくすることで、検査体制の拡充につなげる。希望販売価格は209万円で年3千台の販売を目指す。』👍!
209万円か。個人で買って、地元に寄付したら喜ばれそうだよね。
>島津製作所は27日、新型コロナウイルス感染の有無を調べる、低価格で全自動のPCR検査装置を開発し、販売を始めたと発表した。
コロナ禍でみんなが苦しんでいるときに、マイナンバーカードの押し売りする狂った日本政府。
税金はこういうところに使ってほしい。
島津製作所は11月27日、低価格で全自動のPCR検査装置を開発し、販売を始めたと発表。中小規模の医療機関や検疫所でも導入しやすくすることで、検査体制の拡充につなげる。定価は209万円で年3千台の販売を目指す。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR