「ワクチン打った?」に私は気が重くなる…「正しい情報」が分からないから|【西日本新聞me】

53コメント 2021-10-14 06:36 西日本新聞

9月30日、大分県の新聞に広告が載った。「本当に必要ですか?子どもへのワクチン」。臼杵市の自営業男性(43)が呼び掛け、掲載費約115...9月30日、大分県の新聞に広告が載った。「本当に必要ですか?...

ツイッターのコメント(53)

タイでも「ワクチン打った?」ってめちゃくちゃ聞かれる
面倒くさいね、何だろね。
聞いてくる人って不安で不安で仕方ないんだろうな

「ワクチン打った?」に私は気が重くなる…「正しい情報」が分からないから|【西日本新聞me】
本当おかしい
新聞社にもこういう視点で記事を書いてくれる人がいたんだ、ということに少しだけ救われている。
なんでもデマと一括りにするマスコミが多い中「陰謀論は信じていない」と見出しをつけた記者さん偉いと思う。
新聞やTVで情報を得る層にも、議論が必要、て前提伝わってゆけ…
接種率75%位いけば十分でしょ。これ以上無理して接種を促しても大した効果の上積みはないでしょ。無駄な所で今以上の分断を招く必要はない

「ワクチン打った?」に私は気が重くなる…「正しい情報」が分からないから
「打った?」に私は気が重くなる…「正しい情報」が分からないから

政府は接種と行動緩和を引き換える「ワク・検査パッケージ」を検討し、社会もそこに向かっている。

「未知のウイルスへの恐怖は許容されるのに、なぜ、未知のワクへの恐怖は認められないのでしょう」
ワクチンに懐疑的な人間を、まとめて馬鹿扱いする風潮は何なんだ?

ワクチンパスポートで未接種者を冷遇したい様ですが。
接種者も、損しかしていないと3回目接種までには気付いて欲しい。

今までなら普通に出来た事が、治験中の薬を射ち続け無いと出来ない。おかしいよ。
「ワクチン打った?」に気が重くなる。

あたかも打つこと前提の空気感。

リスクに対する慎重な姿勢が、国を挙げてワクチン接種を推奨する今の社会では、“変人扱い”・・

和田耕治教授(国際医療福祉大)
「国は安全性や効果について丁寧な説明を尽くすべきだ」
未知のワクチンへの恐怖は感じるのに、なぜ未知のウイルスに対する恐怖は感じないのか。
トカゲに怯えてワニの口に飛び込むような愚かさ。
「ワクチンの安全性に重大な懸念は認められない」と強調する厚生労働省

 だから政治家や厚生労働省や感染研の医官や職員が全員接種済みの抗体力価を名前は黒塗りで良いから見せてよ
 僕は1/3も接種していないと思っているから
本当にこれなー。

「ワクチン打った?」に気が重く…接種前提の空気感に違和感
 
PR
PR