TOP > 政治・経済 > 「1カ月で収束できない」専門家ら疑問 緊急事態宣言、政府は延長視野|【西日本新聞ニュース】

「1カ月で収束できない」専門家ら疑問 緊急事態宣言、政府は延長視野|【西日本新聞ニュース】

11コメント 2021-01-07 07:52  西日本新聞

7日にも発出する首都圏の1都3県を対象とする緊急事態宣言を巡り、政府が1カ月程度の期間を想定していることに疑問の声...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・...

ツイッターのコメント(11)

結果次第で菅総理は終わりそうだな。
彼らは収束は一切目指していない。単なる天災であり人智を以ってしては如何ともし難いので以後は一切対策しない放置する諦めろ、という姿勢を支える為に、やったけど減らなかったという事実を作り出すようやっている。
》専門家は「1カ月半から2カ月くらいの間隔で見なければいけない」「幻想は捨てた方がいい」。

》厚労省は西浦氏の資料を公式なものとせず、あくまで私的な見解として取り扱い、その場で回収した。

》政府高官は(略)強気に振る舞った。
与党幹部と政権幹部は、コロナ危機による医療崩壊の深刻さを全く理解していないのではないだろうか。医者嫌い、病院嫌いも大概にしろ。
1か月で収束するわけないだろう。これから、成人式の集まりやるって自治体もあるんだし、学校も3学期再開。人の移動や接触は、いくら飲食を時短させても、増えるんだよ。ちっとは考えろ。
ところで、スダレなんじゃなくて、ぱっくり後退してるだけなんだな🙄
"厚労省は西浦氏の資料を公式なものとせず、あくまで私的な見解として取り扱い、その場で回収"

政府に対して厚労省としてできる精一杯の抵抗というか良心を感じる。
本当に大丈夫なのか⁉️
2回目の緊急事態宣言をしたって、前回みたいにならないと思う。
本当ならもっと早く出来ていたと思うし、市議会議員さんや政治家が会食してれば大丈夫なんだと思う人も居る
科学的根拠に基づかず専門家の意見を聞かない中途半端な対応。結局、経済状況も悪化が長引き状況を悪くするだけ。
「京都大大学院の西浦博教授の資料によると、1人の感染者が平均何人にうつすかを示す「実効再生産数」は、昨年12月半ば時点の東京都で平均「1・1」。これを「0・8」にしないと収束は見えて…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR