TOP > 社会 > 幕引き?そうはいかない|【西日本新聞ニュース】

幕引き?そうはいかない|【西日本新聞ニュース】

19コメント 2021-01-03 12:12  西日本新聞

2021年の年頭の当コラムは、安倍晋三前首相の「桜を見る会」前日夕食会を巡る政治資金規正法違反問題を取り上げたい。...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・...

ツイッターのコメント(19)

“おとそを飲んで駅伝でも見ていれば、国民も「桜」なんか忘れるだろう-。
そうはいくか。”

ホントにそうだ。幕引きに待ったをかけるのに重要なのは、なめられてた私たち国民がこの問題に対してどれだけ怒り、その怒りを持続させられるか。
〈幕引きに待ったをかけるものがあるとすれば、それは世論だ(中略)安倍氏が国民が注視する国会であんな答弁をしたのは「野党をなめていたから」ではなく「国民をなめていたからだ」と怒るかどうかである〉。そして新聞・放送が怒りをもって報道を続けるかどうかです。
「ブーメラン」などと言うが「安倍氏は政界一のブーメランの名手」...
←紙面を使って愚痴ってないで取材しろよ。ブツを手に入れろよ。自身らの怠慢を棚に上げて、紙面を私物化するなよ。記者の劣化を自ら示していることに気付けよw。
安倍氏が国民が注視する国会であんな答弁をしたのは「野党をなめていたから」ではなく「国民をなめていたからだ」と怒るかどうかである。
2021年ですが、安倍政権への追及の手は緩めてはならない。
1/3西日本新聞のコラムより
かばうなら
“年末に書いてもよかった。しかし、バタバタと年内に安倍氏の謝罪会見と国会説明を済ませ、早く幕引きを図ろうという菅義偉政権や自民党の思惑が見え見えなので、あえて年明けに持ち越したのだ。”

安倍氏は政界一のブーメランの名手──
「『桜』問題で一番ひどいと思うのは、安倍氏が国会審議で118回も『虚偽答弁』を繰り返しておきながら、議員辞職をせず、通り一遍の謝罪で済ませようとしていること」
痺れた→おとそを飲んで駅伝でも見ていれば、国民も「桜」なんか忘れるだろう-。そうはいくか。
|【西日本新聞ニュース】
こんなバカを首相に選んでいたことを、国民は恥じるべき。
ちなみに元記事ではこういうタイトルではない。
元記事では



とのタイトル

安倍「天にブーメラン」
とか
「やることすべてがブーメラン」(三原じゅん子さんが国会で絶叫し安倍さん大喜び)
とかあり、安倍さんには「ブーメラン」がよく似合う。
桜を見る会をそのまま幕引きさせると悪例を永遠に残す。だから言わざるを得ない。
に突き刺さることを政治報道で「ブーメラン」などと言うが、「安倍氏は政界一のブーメランの名手」と認定してよさそうだ。」西日本3日11:00
相手への批判が回り回って自分に突き刺さることを政治報道で「ブーメラン」などと言うが、「安倍氏は政界一のブーメランの名手」と認定してよさそうだ。
国民がこの問題にどれだけ怒り、その怒りをどれだけ持続させるかにかかっている。安倍氏が国民が注視する国会であんな答弁をしたのは「野党をなめていたから」ではなく「国民をなめていたからだ」と怒るかどうかである。
ブーメランの名手ww
政界一のブーメランの名手←名フレーズ
「安倍氏は政界一のブーメランの名手」
以上
 

関連するニュース

関連するニュースは見つかりませんでした。

いま話題のニュース

もっと読む
PR