TOP > 政治・経済 > 九大箱崎跡地再開発、地場連合名乗り 次世代都市造成へタッグ|【西日本新聞ニュース】

九大箱崎跡地再開発、地場連合名乗り 次世代都市造成へタッグ|【西日本新聞ニュース】

13コメント 2021-01-03 07:59  西日本新聞

福岡市東区の九州大箱崎キャンパス跡地を再開発する事業者の公募入札に、九州電力、西部ガス、JR九州、西日本鉄道(いず...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・...

ツイッターのコメント(13)

住商が箱崎跡地をスマートシティに再開発するらしい
かつて犬猿の仲だった旧国鉄と西鉄が提携すると言っても、氏んだじっちゃんは信じないだろうな()
引っ越すなら今のうち?

いや、渋滞が激しく(ry)
西日本新聞 九州大箱崎キャンパス跡地 九州電力、西部ガス、JR九州、西日本鉄道の「地場企業連合」が、大手商社の住友商事と共同で参加 入札予定のグループが判明するのは初めて 入札は今年春
このグループが名乗り出たら勝負あり!
福岡の街づくりに大切な会社!
九大跡地は広大!
福岡市内最初で最後の新都市作りたから、永く栄える街を作って欲しい!
最近福岡も熱いよなぁ。渋谷・五反田にいたベンチャー企業がオフィス賃料を抑えかつ社員の住環境を求め福岡に移転する。企業コミュニティが形成されていく中、スマートシティ構想を掲げ、各不動産開発会社が関係者を巻き込み、街の魅力を定義し街を開発していく。良い流れ。
九州大学箱崎キャンパス跡地を再開発する事業者の公募入札に、九州電力、西部ガス、JR九州、西日本鉄道の「地場企業連合」が、住友商事と共同で参加。

福岡市の天神や博多駅に近い予定地の潜在力を最大限に引き出しつつ、未来の街にふさわしい提案を示せるかが試される。
“福岡市東区の九州大箱崎キャンパス跡地を再開発する事業者の公募入札に、九州電力、西部ガス、JR九州、西日本鉄道(いずれも福岡市)の「地場企業連合」が、大手商社の住友商事と共同で参加することが分かった。”
次世代モデル都市 スマートシティ
公募入札に、九州電力、西部ガス、JR九州、西日本鉄道の「地場企業連合」が、大手商社の住友商事と共同で参加することが分かった
スマートシティの具現化が期待できます。
ん~、残念ながら普通の再開発して終わりそうやな。4万人専スタをメインテナントでの方が、将来的に世界にアピールできたのに。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR