TOP > 社会 > 基地準備着々 馬毛島「異例ずくめ」の買収1年 住民賛否割れたまま|【西日本新聞ニュース】

基地準備着々 馬毛島「異例ずくめ」の買収1年 住民賛否割れたまま|【西日本新聞ニュース】

7コメント 2020-11-29 08:30  西日本新聞

米軍艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転を目指し、政府が鹿児島県西之表市の無人島・馬毛島の買収を地権者...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・...

ツイッターのコメント(7)

政府、防衛省は馬毛島(まげしま)への米軍FCLP(空母艦載機陸上離着陸訓練)の恒久的な移転と自衛隊馬毛島基地(仮称)の建設計画を強引に進めています。市民の大多数は反対です。1月31日投票の市長選・市議選で反対の意思を明確に示したい。
#馬毛島の軍事基地化を許さない
"政府は買収資金を国会審議が必要ない「流用」という方法で捻出。積算根拠についても「相手との関係がある」として、説明を拒んでいる。"

 住民賛否割れたまま|【西日本新聞ニュース】
国会審議無しの裏技で予算を通すなど、権力の手口は毎度のことだが、こう言う場所には利権に群がる裏勢力も必ず現れる。フクイチ現場をレポした「ヤクザと原発」と言う本など見ると、こうしたケースの良い参考になる。
米軍艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転を目指し、政府が鹿児島県西之表市の無人島・馬毛島の買収を地権者と合意して29日で1年
出た!
また管!

 住民賛否割れたまま|【西日本新聞ニュース】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR