TOP > 社会 > 「野垂れ死にしろと」 路頭に迷う「仮放免」外国人 コロナ対策背景|【西日本新聞ニュース】

「野垂れ死にしろと」 路頭に迷う「仮放免」外国人 コロナ対策背景|【西日本新聞ニュース】

13コメント 2020-11-28 09:08  西日本新聞

新型コロナウイルス対策で「密」を避けるために、出入国在留管理庁の収容施設から、外国人が一時的に解放される「仮放免」...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・...

ツイッターのコメント(13)

これだけ国民みんなでクソ棄民政権の愚策に殴られてんのに本当に困ってる人達の悲鳴をノイズ扱いする社会がきついんだよ。人種に関係なく公的な支援が必要な人達が存在している、飢えや寒さの苦しみは変わらない。
コロナ対策背景|西日本新聞 "出入国在留管理庁の収容施設から、外国人が一時的に解放される「仮放免」が急増している。だが外に出ても就労は禁じられ、行政の援助も受けられないため、多くの外国人が路頭に迷っている。"
自国の大使館を頼れ!!
日本に来て犯罪犯して更に支援が欲しいとか舐め過ぎ!

 コロナ対策背景|【西日本新聞ニュース】
これも見えないところでの犠牲者。
これが日本の現実

安倍すがw見よ!

犯罪フエールw
役所が困るような嫌がらせバンバンやろう〜!
今回のように記事にしてもらうのもいい手段! / (西日本新聞)
日本に限らず世界中にいそう。
> 新型コロナウイルス対策で「密」を避けるために、出入国在留管理庁の収容施設から、外国人が一時的に解放される「仮放免」が急増している。だが外に出ても就労は禁じられ、行政の援助も受けられないため、多くの外国人が路頭に迷っている。
国が恣意的に運用する仮放免だが、施設を出ても在留資格を失ったままでは就労できず、国民健康保険にも加入できない。「お金に困っている」「住む場所がない」と助けを求められるが、今は自分が生きることで手いっぱいだ。
新型コロナウイルス対策で「密」を避けるために、出入国在留管理庁の収容施設から、外国人が一時的に解放される「仮放免」が急増している。だが外に出ても就労は禁じられ、行政の援助も受けられないため、多くの外国人が路頭に迷っている。「行き場」がなければ、彼らは―。
⏩強制送還しろよ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR